オーストラリア・ニュージーランド文学論集

オーストラリア・ニュージーランド文学論集

三神 和子 編著
四六判 / 299ページ / 上製
定価:3,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2298-9 C0098
奥付の初版発行年月:2017年04月 / 書店発売日:2017年04月12日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

イギリスの入植先となった歴史から、多様な文学世界が
形成されたオーストラリアとニュージーランド。

移民したイギリス人の帰属意識とアイデンティティ。
「白豪主義」から「多文化主義」へ。

先住民アボリジナル(アボリジニ)/マオリへの
「支配と抑圧の歴史」から「共存の模索」へ。

南太平洋で繰り返された核実験により広まった反核運動。

両国の歴史を反映しつつ、国や民族、人種、文化や歴史を
再建/超越した新たな文学の展開を見せている。

「オーストラリア・ニュージーランド文学会」会員が執筆!
両国の文学の魅力を紹介します!

コラムで文化的背景を解説!歴史と社会/文学の関連が
わかる年表付!

著者プロフィール

三神 和子(ミカミ ヤスコ)

みかみ・やすこ
日本女子大学文学部教授。
【著書】
『キャサリン・マンスフィールド──
世紀末、モダニズム、芸術家』(辞游社、2000年)、
『楽園を求めて──キャサリン・マンスフィールドの研究』
(高文堂出版社、1989年)、
『絵本が語りかけるもの──
ピーターラビットは時空を超えて』
(共編、松柏社、2004年)ほか
【訳書】
レイ・ストレイチー『イギリス女性運動史──1792-1928』
(共訳、みすず書房、2008年)。

目次

◉収録内容◉

第1章 「オーストラリアの大いなる沈黙」を超えて
──ケイト・グレンヴィルの『闇の河』に
みる翻訳と文化的記憶
……【一谷 智子/西南学院大学文学部教授】

第2章 メンターを求めて――
オーストラリアの女性離国作家たち
……【加藤 めぐみ/明星大学人文学部教授】

第3章 J・M・クッツェー「エリザベス・コステロ」
作品に見られるアイデンティティの揺らぎ
……【大場 久恵/日本女子大学学術研究員】

第4章 キャサリン・マンスフィールドにおける
パケハ批判……【三神 和子/日本女子大学文学部教授】

第5章 ジャネット・フレイム
──アルファベットの外縁から見た世界
……【小杉 世/大阪大学言語文化研究科准教授】

第6章 新生ニュージーランドを目指して
──ケリー・ヒュームの『ボーン・ピープル』
……【三神 和子】

第7章 ウィティ・イヒマエラと命の文学
……【澤田 真一/弘前大学人文社会科学部准教授】

第8章 広島を目撃したマオリ詩人ホネ・トゥファーレ
……【サワダ ハンナ ジョイ/弘前大学国際連携本部准教授】

◉コラム◉
オーストラリア女性作家と奥地
移民国家オーストラリアの始まりとは?
オーストラリアの『文化的劣等感』
ニュージーランド作家としてのマンスフィールド
螺旋(スパイラル)模様
マオリ・ルネッサンス
平和の壁画

関連書

ページの上部へ▲