羽ばたき 堀辰雄 初期ファンタジー傑作集

羽ばたき 堀辰雄 初期ファンタジー傑作集

堀 辰雄 著, 長山 靖生 編
A5判 / 227ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2284-2 C0093
奥付の初版発行年月:2017年02月 / 書店発売日:2017年02月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

宮崎アニメにも多大なる影響を与えた
堀辰雄の初期ファンタジー傑作が、
読みやすい新仮名遣いによって甦る!

多くの人が『風立ちぬ』『美しい村』『菜穂子』などの
サナトリウム文学を思い浮かべる
堀辰雄のイメージを一新するような、
モダンな姿で若者を魅了する東京浅草などを
舞台にした作品群の数々。
新興芸術派のひとりと目されていた堀の初期の作品には、
しばしば天使や妖精が出てくる。
空を飛ぶイメージと共に、水の中を漂い泳ぐイメージを
伴う作品も少なくない。
どちらにも軽やかな浮遊感があった。
堀辰雄の初期ファンタジーを彩る幸福感は、
現実と無関係ではなく、
むしろ現実の過酷さへの順応と防禦として
形作られたものだった。

「堀辰雄」のイメージを一新する、
静謐で摩訶不思議な浮遊感の世界に、浸ってみたい。

著者プロフィール

堀 辰雄(ホリ タツオ)

ほり・たつお
1904(明治37年)~1953(昭和28年)、日本の小説家。
代表作に
『風立ちぬ』『美しい村』『菜穂子』『大和路』など多数。

長山 靖生(ナガヤマ ヤスオ)

ながやま・やすお
評論家。1962年茨城県生まれ。鶴見大学歯学部卒業。
歯学博士。
文芸評論から思想史、若者論、家族論など幅広く執筆。
1996年『偽史冒険世界』(筑摩書房)で大衆文学研究賞、
2010年『日本SF精神史』(河出書房新社)で日本SF大賞、
星雲賞を受賞。
ほかの著書に『鴎外のオカルト漱石の科学』(新潮社)、
『「吾輩は猫である」の謎』(文春新書)、
『日露戦争』(新潮新書)、『千里眼事件』(平凡社新書)、
『奇異譚とユートピア』(中央公論新社)など多数。

目次

【収録作品】

「死の素描」

「羽ばたき Ein Märchen」

「鼠」

「ある朝」

「夕暮」

「風景」

「眠りながら」

「蝶」
 
「あいびき」

「土曜日」

「窓]

「ネクタイ難」
  
「ジゴンと僕」
 
「水族館」
  
「眠れる人」

「とらんぷ」
 
「Say it with Flowers」

「ヘリオトロープ」
  
「音楽のなかで」
 
「刺青した蝶」
 
「絵はがき」

「魔法のかかった丘」


解説 天使と妖精たちのモダニズム  長山靖生

関連書

ページの上部へ▲