ヨーロッパ人

ヨーロッパ人 The Europeans: A Sketch

ヘンリー・ジェイムズ 著, 藤野 早苗 訳
四六判 / 264ページ / 上製
定価:2,600円 + 税
ISBN978-4-7791-2270-5 C0097
奥付の初版発行年月:2016年10月 / 書店発売日:2016年10月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

ヘンリー・ジェイムズ没後100年記念出版!
約40年ぶりの新訳!

ヘンリー・ジェイムズ初期の作品『ヨーロッパ人』(1878)。

1840年代のアメリカ、ニューイングランドのボストン近郊。
禁欲勤勉、信仰心の篤いピューリタン一家の親戚を、
ヨーロッパで生まれ育った姉弟が訪れる。
アメリカ(新世界)とヨーロッパ(旧世界)、
互いに異なる価値観(異文化)に出会った人々を軽快に描く。

『ヨーロッパ人』
1878年、ジェイムズ35歳のときの作品。
75年よりヨーロッパを
作家活動の本拠地としていたジェイムズが、
パリを舞台に、乗り越えられない文化の壁を
テーマにした『アメリカ人』(1877)に続いて、
また、名声を確かなものとした『デイジー・ミラー』
(1878)と同時期に発表した。
ジェイムズ自ら編集した全26巻の「ニューヨーク・エディション」に
選ばれなかったため、軽視されがちだが、
創作初期のジェイムズの関心事、
さらに「ヨーロッパ観」と「アメリカ観」がうかがわれ、
見逃せない作品である。

前書きなど

◉「ほんのヒトコト」
第45回 『ヨーロッパ人』の装幀──藤野早苗(ヘンリー・ジェイムズ『ヨーロッパ人』訳者)

著者プロフィール

ヘンリー・ジェイムズ(ヘンリー ジェイムズ)

Henry James.1843-1916
19世紀後半~20世紀の英米文学を代表する小説家。
主要作品に『デイジー・ミラー』、『ある婦人の肖像』、
『ねじの回転』、『鳩の翼』等。
映画化作品が多いが、難解なテクストで知られる。

藤野 早苗(フジノ サナエ)

ふじの・さなえ
恵泉女学園大学名誉教授。
【著書】
『ヘンリー・ジェイムズのアメリカ』(彩流社、2004)、
『アメリカ文学にみる女性改革者たち』(共著、彩流社、2010)、
『ヘンリー・ジェイムズ「悲劇の詩神」を読む』
(編著、彩流社、2012)ほか。
【訳書】
エレン・グラスゴー『不毛の大地』(共訳、荒地出版社、1995)。

関連書

ページの上部へ▲