トランスナショナル時代の地政学モンロー・ドクトリンの半球分割

モンロー・ドクトリンの半球分割 トランスナショナル時代の地政学 The Monroe Doctrine Reimagined : Toward a Poetics of Transnationalism

下河辺 美知子 編著
四六判 / 307ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2246-0 C0020
奥付の初版発行年月:2016年06月 / 書店発売日:2016年06月10日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

地球を二分割するモンロー・ドクトリンの
発展過程を軸に、
21世紀のアメリカ研究を更新する!

「アメリカ大陸 対 ヨーロッパ大陸」を宣言した
1823 年の「モンロー・ドクトリン」は、
地球という巨大空間を東半球と西半球に二分割するものであった。
グローバリゼーションという地球規模の運動が資本主義的な
均一化を押し進めるなか、その地政学と文化史の連動を
歴史、文学、音楽、映画など多角的なパースペクティヴから解き明かす。

著者プロフィール

下河辺 美知子(シモコウベ ミチコ)

Michiko Shimokobe. しもこうべ・みちこ 成蹊大学文学部教授。
アメリカ文学・文化および精神分析批評。
著書・訳書・論文
『グローバリゼーションと惑星的想像力:恐怖と癒しの修辞学』
(みすず書房、2015年)、
『トラウマの声を聞く:共同体の記憶と歴史の未来』
(みすず書房、2006年)、
『歴史とトラウマ:記憶と忘却のメカニズム』(作品社、2000年)、
『アメリカン・テロル』(編著、彩流社、2009年)、
『トラウマへの探求:証言の不可能性と可能性』
(共訳編、作品社、2009年)、
『トラウマ・歴史・物語:持ち主なき出来事』
(キャシー・カルース著、訳書、みすず書房、2005年)ほか。

目次

●モンロー・ドクトリンの半球分割
ー地球(グローブ)についてのメンタル・マップ
/下河辺美知子
●黒い半球
ー『ブレイク』におけるトランスナショナリズム再考
/古井義昭
●ホーソーンとキューバー「ラパチーニの娘」、
『キューバ・ジャーナル』、『フアニタ』
/髙尾直知
●メルヴィルとキューバをめぐる想像力
ー「エンカンタダス」と『イスラエル・ポッター』に
おける海賊(フィリバスター)/小椋道晃
●「善き隣人」のリズムーラルフ・ピアとラテン音楽、
1933 ~ 1945 /大和田俊之
●「長崎の鐘」と(ラテン)アメリカ
ーモンロー・ドクトリンの音楽的地政学/舌津智之
●不確かな半球
ー世紀転換期ハワイにおける日本人劇場建設と
モンロー・ドクトリン/常山菜穂子
●航空時代とアフリカ系アメリカ文学の惑星
ーウォルター・ホワイトのアイランド・ホッピング/竹谷悦子
●南部の西漸と南進
ーゾラ・ニール・ハーストンのクラッカー表象/新田啓子
●近代化された情動
ーカルメン・ミランダとレヴューの終焉/日比野 啓
●モンローは誘惑するーアメリカ最後の一線/巽 孝之

関連書

ページの上部へ▲