原発「吉田調書」報道をめぐる朝日新聞の矛盾誤報じゃないのになぜ取り消したの?

彩流社ブックレット 3
誤報じゃないのになぜ取り消したの? 原発「吉田調書」報道をめぐる朝日新聞の矛盾

原発「吉田調書」報道を考える読者の会と仲間たち 編著
A5判 / 95ページ / 並製
定価:1,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2202-6 C0036
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 書店発売日:2016年04月13日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

朝日新聞が伝えた原発「吉田調書報道」(2014年5月20日)は、
東電や政府が決して公表しようとしなかった情報を
白日の下にさらし、今後の原発再稼働に一石を投じる、
重要な報道であった。
それを経営陣が取り消した行為は、
市民の知る権利の剥奪にもつながる、ジャーナリズムの危機であった。

この問題を憂慮し続けてきた読者の会が、
問題の本質を座談会やマンガでわかりやすく解説し、
メディアの役割と責任をともに考える。

著者プロフィール

原発「吉田調書」報道を考える読者の会と仲間たち(ゲンパツ ヨシダチョウショ ホウドウヲカンガエルドクシャノカイトナカマタチ)

朝日新聞社が下した原発「吉田調書」報道記事の取り消しの
対応の仕方に違和感を感じた読者が、
勉強会を重ね朝日新聞社の問題点をあぶり出し、
経営陣およびPRCに質問書を提出しました。
しかし、その後、真摯な回答を得られないため、
その事も含めて現経営陣に対して
記事取り消しの経緯説明を求めるとともに、
原発「吉田調書」報道記事の“取り消しを取り消させる”運動を
しています。
原発「吉田調書」報道を考える読者の会は、
朝日新聞社に正しい報道を要求するとともに、
この間の安倍政権に象徴される報道に対する権力の介入に
屈しないジャーナリズムの本来の姿を求め続けてまいります。

目次

構成
Ⅰ 座談会:朝日通が語る原発「吉田調書」問題の本質
Ⅱ Q&A:原発「吉田調書」報道の"記事取り消し"
   の問題点
Ⅲ マンガ
 ①朝日新聞「吉田調書」報道は誤報ではない!
 ②津波対策の緊急性を東電取締役らは知っていた!
Ⅳ「社報」から読み解く朝日新聞社の内情
Ⅴ 私たちは公開質問状で「何を」問おうとしていたのか?

関連書

タグ:東電問題

ページの上部へ▲

タグ: