家族が死ぬまでにするべきこと

家族が死ぬまでにするべきこと

斉藤 弘子 著
四六判 / 175ページ / 並製
定価:1,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2184-5 C0036
奥付の初版発行年月:2015年12月 / 書店発売日:2015年12月04日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

夫に寄り添い、ともに闘病し看取った
終活カウンセラーの著者みずからが体験した
〈のこされたものが向き合わなければならないこと〉を綴った本。

医療の現場、配偶者や親などがいざというとき直面する壁、
意外と知らない葬儀や相続の問題などなど、
家族が知っておきたい具体的知識や実用的な情報も満載!

著者プロフィール

斉藤 弘子(サイトウ ヒロコ)

さいとう・ひろこ
「生と死」のあり方を追究するノンフィクションライター、
終活カウンセラー(一般社団法人終活カウンセラー協会認定・上級)。
また「死生学」を専攻し、葬祭ディレクター養成の学校の講師
(「サナトロジー&カウンセリング論、終末人生設計論)でもある。

◉死生学の主著=『人は死んだらどうなるのか?』(言視舎)、
『はじめて読む「葬儀・お寺・お墓・人生の後始末」の本』
(共著、明石書店)/
◉その他の主著=『器用に生きられない人たち─
「心の病」克服のレシピ』(中公新書ラクレ)、
『私たちが流した涙─記憶に残る最期』(ぶんか社文庫)、
『心をケアする仕事がしたい!』(彩流社のち言視舎)、
『自殺したい人に寄り添って』
(いのちを見つめるシリーズ2、三一書房)など多数。

目次

【パートⅠ 家族が向き合うこと】
覚悟するということ/医師もわからない「いのち」の神秘/
いのちの質を考える/病と闘う? 闘わない?/
延命措置の決断/人はどのように旅立つのか/
自らが倒れないために/良き看取り、別れのために

【パートⅡ 医師、コメディカル・スタッフとどう付き合うか
─医療現場の実態】
患者は医師を選べない?/医師との付き合い方/
主治医・担当医を変える決意も必要/
いのちを守るために、もの申すこと/
コ・メディカルと上手に付き合って看護のコツを知る/
医療・介護の現場を知る/病院は3か月で出される/
病院を出されたらどうするか──転院、在宅、施設……/
エンド・オブ・ライフケア──
その人らしくの生と死を支援する動き/旅立ちの場を考える

【パートⅢ 死にゆく大切な人に寄り添う】
どのように生きてきて、何を望んでいるのか/
やっぱり「家に帰りたい」/
思いを記したノートは遺されているか/
最期のときをどう過ごしたいか/
誰に会いたいか、誰とも会いたくないか/
触れ合うこと、語りかけることの効用/
「ありがとう」のメッセージ/
「頑張らなくてもいい」と心のなかで伝える

【パートⅣ いざというときの準備をする】
いざというとき、起こること/
死後に直面する問題の対応策/ひとりで抱え込まない/
専門家は、誰に何を相談できるのか/
葬儀をどうするか/
知っておきたいお寺との付き合い方/
相続は争続にならないか

【パートⅤ 「ご臨終です」といわれてからするべきこと】
すぐにしなくてはならないこと/弔いまでのプロセス/
遺族が担う死後の手続き/一覧表を2つ掲載/
死後の後始末──遺された手紙との出逢いも/
大切な人との死別の悲しみに向き合う/
大切な人の供養は自分流に

あとがきに代えて──体験からの学びと社会化

関連書

ページの上部へ▲