原爆、靖国、朝鮮半島出身者ヒロシマの少年少女たち

ヒロシマの少年少女たち 原爆、靖国、朝鮮半島出身者

関 千枝子 著
四六判 / 159ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2161-6 C0036
奥付の初版発行年月:2015年08月 / 書店発売日:2015年08月19日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

私のクラスメイトは全員死んだ。建物疎開作業(土方作業)のために。

あの日、広島中じゅうの中学、女学校1・2年生8000人以上が
動員され、約6000人が死んだ。
平和大通りは子どもたちがつくった道であり、子どもたちの墓場なのだ。
日本教育史上最大と言われるこの事実が、あまりにも知られていない。
子どもたちはお国のために死んだ「最年少の英霊」として靖国神社に
合祀された。しかし、朝鮮半島出身の生徒は外国人としてカットされた。

クラスメート一人一人の遺族を訪ねて記録した著者が、
渾身の力を込めて後世に伝え残したい痛切な事実の訴え。

著者プロフィール

関 千枝子(セキ チエコ)

せき・ちえこ
1932年大阪生まれ。旧制女学校2年のとき広島で被爆。
学校を病欠していたため助かる。
早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。
1954年、毎日新聞社入社、社会部、学芸部の記者を務める。
のち全国婦人新聞(女性ニューズ)記者、編集長。
現在はフリーのジャーナリスト。
2014年、安倍靖国参拝違憲訴訟原告(筆頭)。
主著:
『往復書簡 広島・長崎から―戦後民主主義を生きる』
(共著、彩流社)、
『広島第二県女二年西組―原爆で死んだ級友たち』
(ちくま文庫。日本エッセイストクラブ賞および
日本ジャーナリスト会議奨励賞受賞)、
『図書館の誕生―ドキュメント日野図書館の二十年』
(日本図書館協会)、『この国は恐ろしい国―もう一つの老後』
(農文協)、『ルポ 母子家庭  「母」の老後、「子」のこれから 』
(岩波書店)。
近刊として知の木々舎の中山士朗氏との往復書簡を
西田書店から刊行予定。

目次

序章 平和大通り――少年少女たちの墓場
第一章 慟哭の惨事  
第二章 少年少女たちの戦後
第三章 学校の慰霊碑
第四章 運命の分かれ道
 ――生と死を分けたもの
第五章 靖国合祀――最年少の英霊 
第六章 死者が「足りない!」
最終章 あの作業は何だったのか

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,