沈黙の声を聴くアジア系女性作家論

アジア系女性作家論 沈黙の声を聴く

キンコック・チャン 著, 和泉 邦子 訳, 小松 恭代 訳, 中根 久代 訳
四六判 / 330ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2142-5 C0098
奥付の初版発行年月:2015年07月 / 書店発売日:2015年07月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

アジア人の「沈黙と発話」の狭間に何があるのか!

日系アメリカ人、中国系アメリカ人、日系カナダ人作家の作品を俎上に載せ、ジェンダー/セクシュアリティ・人種・文化の問題を読み解くアジア系アメリカ文学の先駆的な研究書!

「ジェンダー/セクシュアリティ・人種・文化のカテゴリーによって三重の抑圧作用、周縁化作用を受ける有色の女性の問題を扱った理論書、文学批評書はこれまでも何冊か出版されてきたが、スピヴァックにせよ、『女性・ネイティヴ・他者』のトリン・ミンハにせよ、抽象的理論に傾きすぎていて具体的コンテクストが見えにくく、個別のテクスト分析に関しては難解な印象を与えがちであった。しかし、本書でチャンは、そのような難解な理論を整理しつつ、その難解さの一因ともなっていた東洋の歴史・社会・文化に対する西洋側の書き手/読み手の情報不足を詳細な資料との照らし合わせによって丁寧に補い、個々のテクストの精緻な読みを展開している。フェミニズムやオリエンタリズム、ポストコロニアリズムなどに関わる文学理論を整理し、「発話」を「沈黙」よりも上位に位置づける西洋中心主義的価値に対して異議を申し立て、ヤマモト、キングストン、コガワの三人の作品の中で描かれる沈黙が持つ力について考察する…」(「訳者あとがき」より)

著者プロフィール

キンコック・チャン(キンコック チャン)

King-Kok Cheung.
カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校英文科教授。
Ph.D. (カリフォルニア州立大学バークレー校)。
アメリカのエスニック文学、アジア系アメリカ文学の先駆的研究で
著名である。
特に、本書『アジア系女性作家論:沈黙の声を聴く』(1993) は、
エスニシティやジェンダーの問題を学際的視点から問い直した
アジア系女性作家論として高く評価され、
現在でもアジア系アメリカ文学の重要な研究書と
して位置づけられている。
2013 年春に、優秀な大学教師として
The C. Doris and Toshio Hoshide Distinguished
Teaching Prize in Asian American Studies at UCLA
を受賞した。

和泉 邦子(イズミ クニコ)

金沢大学教授。論文「Governing the Governess: The Turn of the Screwにおける社会的、歴史的コンテクスト」『英文学研究』(1990)、『英語青年』特集「アメリカ小説を支える〈女〉たち」「男」の闘い/「女」の闘い…闘いのフロンティアとMaxine Hong Kingston 」(2005)、共著『国際学への扉』(2008)、共著『英語圏女性作家のジェンダー・エスニシティ表象』(彩流社、2013)他。

小松 恭代(コマツ ヤスヨ)

石川工業高等専門学校教授。博士(文学)。論文「Julie OtsukaのWhen the Emperor Was Divineを日系少年のカウンター・ビルドゥングスロマンとして読む」 New Perspective (2014),“Transformation of the Desert Representation: from the Internment to a Symbol of Multicultural Society in Japanese-American Literature” 金沢大学『人間社会環境研究』(2013)、共著『英語圏女性作家のジェンダー・エスニシティ表象』(彩流社、2013)他。

中根 久代(ナカネ ヒサヨ)

福井医療短期大学准教授。論文 「Itsukaが暗示する多文化主義国家主体像-ナオミのアイデンティティ再生を通して」『東海英米文学』(2008)、 “Sophia Jane, or The Grandmother, at the Crossing Point of Porter's Paradoxical Wishes” 『東海英米文学』(2010)、共著『英語圏女性作家のジェンダー・エスニシティ表象』 (彩流社、2013)他。

目次

序 章 沈黙と発話の架け橋

第二章 沈黙の修辞性を読む
──ヒサエ・ヤマモトの「十七文字」「ヨネコの地震」「ミス・ササガワラ伝説」

第三章 沈黙に揺さぶりをかける
──マキシーン・ホン・キングストンの『チャイナタウンの女武者』と『アメリカの中国人』   

第四章 気遣いの沈黙      
──ジョイ・コガワの『失われた祖国』

結 び 彼女らが明らかにした沈黙とは……

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,