名音楽家を育てた “マドモアゼル”ナディア・ブーランジェ

ナディア・ブーランジェ 名音楽家を育てた “マドモアゼル” Nadia Boulanger

ジェローム・スピケ 著, 大西 穣 訳
A5判 / 231ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2136-4 C0073
奥付の初版発行年月:2015年09月 / 書店発売日:2015年09月08日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

偉大な音楽教育者にして、20 世紀音楽の陰の功労者!

ストラヴィンスキーや、フォーレ、サン=サーンスら
当代一流の音楽家との交流、天才作曲家である妹リリの存在、
そしてコープランド、シェリング、バレンボイム、マルケヴィッチ、
リパッティら、数々の演奏家、作曲家への指導……

現代音楽へはかりしれない影響を及ぼした
マドモアゼル・ブーランジェ(Nadia Boulanger, 1887- 1979.)の生涯を辿る。

弟子は世界に1200 人!? その影響力はクラシック界にとどまらない。
ブーランジェの指導がなかったら、
タンゴで有名なアストラ・ピアソラも生まれなかったかもしれない——
「長い時間にわたり彼の作品を聞いたブーランジェは、熱心に、
「これがあなたの分野です。交響曲などやめて、
タンゴにあなたのすべての力を注ぎなさい」と告げた。
そして彼はやがて、タンゴの王となったのである。
ピアソラは、よくナディア・ブーランジェについて
自分の第二の母親だと語っていた。」(本文より)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ジェローム・スピケ(スピケ ジェイ)

Jérôme Spycket.
フランスの声楽家、音楽学者、作家。1928年生まれ、2008 年没。
『クララ・ハスキル』、『サンソン・フランソワ』、『ユーグ・キュエノー』など、数々の音楽家の評伝を刊行した。

大西 穣(オオニシ ジョウ)

おおにし・じょう。
暁星高校を経て、国際基督教大学卒業(哲学専攻)、バークリー音楽大学作曲科卒業。NYのStoneなどに自己のグループで出演、帰国後はコンポーザー/ピアニストとして活動。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: