コーラス・オブ・マッシュルーム

コーラス・オブ・マッシュルーム Chorus of Mushrooms

ヒロミ・ゴトー 著, 増谷 松樹 訳
四六判 / 268ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2131-9 C0097
奥付の初版発行年月:2015年06月 / 書店発売日:2015年06月25日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

ヒロミ・ゴトー氏、来日記念出版(2015年6月来日)!

祖母と孫娘が時空を超えて語り出す─―
マジックリアリズムの手法で描く、
日系移民のアイデンティティと家族の物語。

コモンウェルス処女作賞・加日文学賞を受賞した「日系移民文学」の傑作!

カナダに生きる日系人家族三世代の女たち。

カナダ西部アルバータ州の小さな町ナントンで、
唯一の日系移民家族として、マッシュルーム農園を営むミュリエル一家。

20年間、日本語しか話さない祖母ナオエ、
カナダの白人社会に同化すべく「日本」を捨てた娘ケイコ、
日本語がわからない孫娘ミュリエル(ムラサキ)。

母と孫娘の語りを軸に展開するパラレルワールド。
移民家族の「自分探し」の物語と、
名字に秘められた思いが明かされていく──

「ムカーシ、ムカーシ、オオムカシ……」で始まる日本の昔話の枠組みや語り直し、
ローマ字やひらがな、漢字を取り入れた語りにより、
日系移民のアイデンティティを見事に描きだす。

版元から一言

【2015年来日記念イベント】
▼6月24日(水)/椙山女学園大学
 シンポジウム「歴史・神話・フォークロア──現代カナダ作家ラリッサ・ライとヒロミ・ゴトーの世界」
▼6月26日(金)/山梨大学
 講演会「日系カナダ人フェミニスト作家の物語」
▼6月27日(土)/山梨大学(日本カナダ文学会)
 特別講演 Multiplicities: Representations in Chorus of Mushrooms and Half World
▼6月30日(火)/カナダ大使館
 「日加女性作家フォーラム」
▼7月4日(土)/合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市)
 エコクリティシズム研究学会 特別講演会

(社)日本図書館協会 選定図書

◉書評……週刊読書人/山口知子氏(2015年8月21日)
    「日加タイムス」/サンダース宮松敬子氏(2015年12月17日号)
     東京新聞「2015 私の3冊」/小谷真理氏(2015年12月27日)

著者プロフィール

ヒロミ・ゴトー(ゴトー,H)

Hiromi Goto
1966年千葉県に生まれる。3歳になる直前に家族とともにカナダに移住。
1994年、カナダで生きる日系人家族を描いた『コーラス・オブ・マッシュルーム』でデビューし、コモンウェルス処女作賞および加日文学賞を受賞。第2作The Kappa Child (2001)でジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞を受賞。現在は、グラフィック・ノベルおよび短編を発表し、創作インストラクターとして、ライター・オブ・レジデンス、ワークショップなどで活躍。彼女の作品は若い世代に人気があり、フランス語、ヘブライ語、イタリア語およびトルコ語に翻訳されている。

増谷 松樹(マスタニ マツキ)

翻訳家。1946年横浜に生まれる。慶應義塾大学仏文科卒業、1976年にカナダに移住。詩人の故ロイ・キヨオカ氏を通じて、多くの日系カナダ人作家、アーティストと交流する。2002年、同氏の『カナダに渡った侍の娘──ある日系一世の回想』の翻訳を草思社より刊行。また、日系カナダ人の和文文献、木村岸三『日系人所有漁船処分顛末覚書』等の英訳にも協力。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,