神聖代

定本 荒巻義雄メタSF全集 6
神聖代 THE SPECULATIVE FICTION OF YOSHIO ARAMAKI

荒巻 義雄 著, 巽 孝之 編, 三浦 祐嗣 編
四六判 / 476ページ / 上製
定価:3,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2105-0 C0393
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 書店発売日:2015年03月20日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

初期の思弁小説の世界を全7巻の全集にて刊行中! 
※ 本全集は、アメリカのハーバード大学からも全巻購買予約も入っている価値のあるものです!
「荒巻内宇宙にさかしまに聳える、超倒錯の大伽藍!」
難波弘之氏(ミュージシャン・東京音楽大学教授)推薦!(帯文)
著者本人が「最大の傑作!」と言ってはばからない、壮大な物語を
完全版でお届けします!解説は、筒井康隆氏、安藤礼二氏が登場します!
「本書が単に著者の幻想を語るだけにとどまっていず、豊かな普遍性
を持ち、読者をそれぞれの内宇宙への旅の指針となっていて、いわば
内宇宙へ指向する者の「聖書(バイブル)」的な役割を果たしている
理由は、緊密に空想された細部(デテール)とその細部の持つ意味の
重さによる」(筒井康隆「解説」より)

【第5回配本について】
 『神聖代』は、ミネソタ大学出版局から刊行予定で、目下
英訳作業が進んでいる、海外にも多くのファンをもつ著者の
代表長編。「K」と呼ばれる主人公が、何者かに導かれる
ように行き着いた「ボッス星」で見たものとは……? 
 1970 年に「SFマガジン」に発表され、『神聖代』の源泉
ともなり、単行本未収録の「種子よ」も特別併録! 
 特別付録の「月報」には、J.G.バラードの翻訳など
でも知られる増田まもる(翻訳家)氏、そしてエスカーチェリ
SFクラブ元編集長の安田圭一氏が登場します!

【全7巻構成、配本順、刊行予定年月】
 ●第1巻「柔らかい時計」(第7回配本)
     (2015 年5月)
●第2巻「宇宙25 時」(第4回配本)
     (2015 年2月)
●第3巻「白き日旅立てば不死」
     (第1回配本)(既刊)
●第4巻「聖シュテファン寺院の鐘の音は」
     (第2回配本)(既刊)
●第5巻「時の葦舟」(第3回配本)(2015年1月)
●第6巻「神聖代」(第5回配本)(2015 年3月)
●第7巻「カストロバルバ/ゴシック」
     (第6 回配本)(2015 年4月)

著者プロフィール

荒巻 義雄(アラマキ ヨシオ)

1933年小樽市生まれ。早稲田大学で心理学、北海学大学で土木・建築学を修める。日本SFの第一世代の主力作家の一人。
戦争シュミレーション小説『旭日の艦隊』『紺碧の艦隊』シリーズは空前のベストセラーに。現在も札幌で作家活動を意欲的に続けている。

巽 孝之(タツミ タカユキ)

慶應義塾大学教授。
SF評論家。荒巻作品に文学理論上の多大な影響を与える。

三浦 祐嗣(ミウラ ユウジ)

SF研究家、元北海道新聞文化部長。イスカーチェリSFクラブ元会長。
「荒巻義雄の世界」展実行委員。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: