海のように歌ったウェールズの詩人ディラン・トマス

ディラン・トマス 海のように歌ったウェールズの詩人

木村 正俊 編, 太田 直也 編
A5判 / 396ページ / 並製
定価:4,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2084-8 C0098
奥付の初版発行年月:2015年07月 / 書店発売日:2015年07月06日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

鬼才、ディラン・トマス生誕100年記念出版!
20世紀の最も偉大な詩人の一人に数えられ、その幻想的な作風と、あまりにも短く鮮烈な人生(39歳で没す)を駆け抜けた伝説の詩人。ボブ・ディランも憧れ、日本にも熱烈なファンが多い詩人の生涯、業績にあらゆる角度から迫る異色のガイド。

ディラン・トマス(1914~1953)1914年10月27日、イギリス、スウォンジー生まれ。幼い頃から詩才を発揮した。スウォンジー・グラマー・スクール卒業後、短期間新聞記者を務めるが、間もなく詩人として身を立てる決意を固める。誕生、愛、性、死などをテーマとし、人間の普遍的存在様式を歌う優れた作品を多数書いたが、経済的には恵まれなかった。晩年はアルコール中毒者となっていたとも言われている。1953年11月、ニューヨークにて客死。伝説的生涯を送った詩人として記憶されている。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

木村 正俊(キムラ マサトシ)

1938年青森県生まれ。
神奈川県立外語短期大学名誉教授。1975年早稲田大学大学院文学研究科博士課程英文学専攻博士課程満期退学。青森放送記者ののち大学講師、神奈川県立外語短期大学助教授、教授、名誉教授。専門分野はアイルランド文学、スコットランド文学、ケルト文化。『アイルランド文学―その伝統と遺産』(2014年、開文社)ほか著書多数。

太田 直也(オオタ ナオヤ)

1959年、新潟県生まれ。
国際異文化学会副会長・鳴門教育大学教授。専門は19‐20世紀の英詩(特にディラン トマス)訳書に『ディラン・トマス書簡集』(2010年、東洋書林)がある。

目次

序論 ディラン・トマスの現在( 木村正俊 ) 
Ⅰ ディラン・トマスの生涯( 太田直也 ) 
Ⅱ ディラン・トマスの始原の世界  
――自然の中に潜む力と暗黒の影―― ( 羽矢謙一 )
Ⅲ ディラン・トマスの主な作品を読み解く
<詩><短編小説><詩劇>
Ⅳ ディラン・トマスの諸相       
 1.ウェールズという土地/2.ディラン・トマスとウェールズ詩の伝統/3.ディラン・トマスと戦争/4.ディラン・トマスの 愛のかたち/
 5.ディラン・トマスと交遊/6.ウェールズにおける詩の朗読 /7.ディラン・トマスとアメリカ/
 8.日本におけるディラン・トマスの受容
Ⅳ ディラン・トマスゆかりの地
 1.スウォンジー/2.ラーン/3.カマーゼン
Ⅴ ディラン・トマス関連用語集/ Ⅵ 年譜/ Ⅶ 参考文献/Ⅷ 地図/Ⅸ 英日作品対照/ 索引

ページの上部へ▲

タグ: