白い街、リスボンへ静穏の書

静穏の書 白い街、リスボンへ Livro do de + desassossego

杉田 敦 著
四六判 / 144ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2079-4 C0026
奥付の初版発行年月:2015年01月 / 書店発売日:2015年01月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

そこは、静かで、穏やかな場所のはずだった──

リスボンに魅せられたひとりの美術批評家による写真集。

90年代から毎年訪れている白い街リスボンのモノクロ写真80点と、
1755年11月1日のリスボン大震災と2011年3月11日を往還しながら
つづられる、詩でもあり思索でもあるテキスト。

タイトルの『静穏の書』(livro do de+desassossego)は、
ポルトガルの詩人、フェルナンド・ペソア(1888-1935)の
『不安の書』(livro do desassossego) からとられたものである。

◉著者とポルトガルとの関係◉
20年近くにわたりポルトガルを訪れている。ポルトガルの近現代の芸術表現、
背景となる思想、社会動向についてまとめた著作『白い街へ』(彩流社、02)、
『アソーレス、孤独の群島』(彩流社、05)のほか、
ポルトガル人建築家アルヴァロ・シザの展覧会『一本の線の豊かさへ』(02)、
女子美アートミュージアムでは
ポルトガルの現代美術展『極小航海時代』(10)を企画し、
後者は韓国芸術総合学校(KARTS)の美術館に巡回している。
こうした活動が認められ10年、ポルトガルの文化勲章に相当する
“da Ordem do Merito”を受賞。
今回、従来より発表してきたポルトガルの写真【展覧会
『白い街へ──a cidade branca』02、渋谷ロゴスギャラリーなど】を
作品集化するに併せて、日本とポルトガルを往還するものとしての詩を
書き下ろした。

前書きなど

◉「ほんのヒトコト」
第32回 モランゲイロへの路──杉田敦(『静穏の書──白い街、リスボンへ』)

著者プロフィール

杉田 敦(スギタ アツシ)

atsushi sugita.
美術批評家、女子美術大学教授。
【著書】『白い街へ──リスボン、路の果てるところ』(彩流社、2002)、
『アソーレス、孤独の群島──ポルトガルの最果てへの旅』
(彩流社、2005)のほか、
『ナノ・ソート──現代美学、あるいは現在美術で考察するということ』
(彩流社、2008)、『アートで生きる』(美術出版社、2010)、
『アート・プラットフォーム』(共編、美学出版、2010)など。

関連書

タグ:杉田敦
タグ:紀行

ページの上部へ▲

タグ: , ,