笑生十八番伝落語は人を救う

落語は人を救う 笑生十八番伝

笑生 十八番 著
四六判 / 183ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2068-8 C0076
奥付の初版発行年月:2014年12月 / 書店発売日:2014年12月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

お知らせ

◎担当編集者が動画でご紹介 → https://www.youtube.com/watch?v=arzKNAu51yk

内容紹介

《一度も落語家に入門したことがなく、すべて独学!》
世間の評価はどうか。笑生十八番には仕事がある。なによりもそれが落語家としての実力を証明している。北海道という土地柄もある。落語家がたくさんいる場所ではない(噺家よりエゾ鹿のほうが多い)。落語家になるためにはどうすればいいか。世間はそうしたシステムを何も知らない。知らなくても落語を聴くことはできる。また落語をよく分かっていない。それでいて笑生十八番の落語を聴いて「面白かった」という。遠くから来て「面白かった」といってくれる人がいる。そういう人のために高座で喋っている。落語を聴いている人は落語家に資格など求めてはいない。そうではなく実力で「落語家です!」と名乗っている落語家が北の大地にはいる。北海道の落語家・笑生十八番がいることを知ってほしい。

著者プロフィール

笑生 十八番(ショウセイ オハコ)

1951年島根県生まれ。島根県立松江南高等学校、北海道大学水産学部卒業。松江南高落語研究会、北海道大学落語研究会に所属。落語家。札幌市在住。

目次

(プロローグ)一番太鼓
(第1章)前座
(第2章)座布団
(第3章)二ツ目
(第4章)仲入り
(第5章)真打ち
(おわりに)追い出し

関連書

タグ:落語

ページの上部へ▲

タグ: