欲望のむきだしピンク映画史

ERO-COLLE
ピンク映画史 欲望のむきだし

二階堂 卓也 著
四六判 / 396ページ / 並製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2029-9 C0074
奥付の初版発行年月:2014年07月 / 書店発売日:2014年07月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

ピンク映画はなぜ生まれたか。テレビ受像機の普及によって劇場客が激減し、製作費と人件費の高騰も重なって大手5社が映画の減産に踏切ったからだ。1970 年代には欧米のセックス映画が流入し「ポルノ時代」を迎えて、東映はピンク映画を買い取り配給のみか「ニューポルノ」を製作。日活は「ロマンポルノ」をスタート。松竹も製作子会社を設立。ピンク映画は裏街道だが娯楽映画として半世紀以上も存続し、成人映画三本立て興行が連綿と行なわれてきたのは我国だけ。これは映画史において記録されねばなるまい!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

二階堂 卓也(ニカイドウ タクヤ)

1947 年生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。小学校時代より映画に親しみ、新東宝、東宝時代劇、日活アクション、やくざ映画、香港活劇、そして欧米の娯楽映画全般と、世間がB 級、C 級と評する映画、ピンク映画などを徹底的に見続け、評論活動を展開。偏向もここまでくるとひとつの個性で、『キネマ旬報』に連載された「イタリアン・アクションの誇りと栄光」をはじめとする一貫した評論姿勢に共感するファンも多く、その後のジャンル映画再評価に多大な影響を与える。主な著書に『マカロニアクション大全』『マカロニ・マエストロ列伝』『新東宝・大蔵/怪奇とエロスの映画史』(洋泉社)、『イタリア人の拳銃ごっこ』(フィルムアート社)等がある。

目次

[第1章]ピンク前史
[第2章]五輪ピンクイヤー・1964
[第3章]国映対大蔵映画
[第4章]その製作と配給と興行
[第5章]ピンク映画に挑んだ人たち
[第6章]ピンク映画のあの手この手
[第7章]拡大する桃色攻勢
[第8章]1960 年代グラフィティ
[第9章]銀幕を彩った妖花百輪
[第10 章]ピンクからポルノへ
[第11 章]東映「ピンク」の勃興
[第12 章]若松孝二のマイウェイ
[第13 章]商魂一代・向井寛
[第14 章]ポルノからピンクへ
[第15 章]新世紀を超えて
[終章]ピンク映画は滅びない

関連書

タグ:映画

ページの上部へ▲

タグ: