北斎と応為 上

北斎と応為 上 The Ghost Brush : The Printmaker’s Daughter

キャサリン・ゴヴィエ 著, モーゲンスタン陽子 訳
四六判 / 272ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-2027-5 C0097
奥付の初版発行年月:2014年06月 / 書店発売日:2014年06月12日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お知らせ

動画でご紹介 → https://www.youtube.com/watch?v=kmuNQ1h_ZHA

内容紹介

浮世絵師・北斎の娘、応為(おうい)こと葛飾お栄の謎に包まれた生涯を描き出す!

「美人画では娘に敵わない」と北斎をして言わしめた実在の娘・お栄(画号は応為)。
緻密な描写、すぐれた色彩と陰影表現を得意とし、父と共作するだけでなく、
代作もしていた! 
歴史の闇に消えていった「もうひとりの北斎」を、
綿密な調査と豊かな想像力で描き出した歴史フィクション!

◆「これはほんとうにカナダ人作家が書いた時代小説なのだろうか」ーー浅田次郎氏(作家)
◆「ボストン美術館名品展 北斎」(2014年巡回)に「三曲合奏図」出品
◆杉浦日向子『百日紅』(応為が主人公、ちくま文庫(上・下))が
  長編アニメーション映画化!
『百日紅 Miss HOKUSAI』 2015 年5月9日より全国ロードショー!
監督は「河童のクゥと夏休み」「クレヨンしんちゃん」のアニメーション作家
原恵一監督。キャスト(声の出演) は、杏-お栄、松重豊-葛飾北斎、
濱田岳-池田善次郎、高良健吾-歌川国直、 美保純-こと …等々です!

——女絵師・葛飾応為への注目がますます高まっています!

装丁は『ソフィーの世界』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『極北』などを
手がけた坂川栄治氏です!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

キャサリン・ゴヴィエ(ゴヴィエ,キャサリン)

Katherine Govier
カナダの作家。元ペン・カナダ会長。
Canada’s Marian Engel Award for a woman writer (1997)、
Toronto Book Award (1992) を受賞。2003年、代表作 Creation が
ニューヨークタイムズ紙ノータブル・ブックの1冊に選ばれた。

モーゲンスタン陽子(モーゲンスタンヨウコ)

Yoko Morgenstern
作家・翻訳家。東京都出身。
主にカナダ、アメリカで執筆活動を行っている。
著書にDouble Exile (Red Giant Books.2014) 、
『英語の雑談力があがる ちょっとしたフレーズ』(幻冬舎、2014)
がある。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: