チェコのお婆さん

チェコのお婆さん Babička:Die Großmutter

ボジェナ・ニェムツォヴァー 原作, 源 哲麿 訳
A5判 / 447ページ / 上製
定価:4,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2024-4 C0097
奥付の初版発行年月:2014年07月 / 書店発売日:2014年07月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

カフカの『城』の構想に大きな影響を与えたと見られる
チェコの生んだ19 世紀の女性作家の名作!
 
 19 世紀のチェコは、オーストリア・ハンガリー帝国の支配下にあり、
公用語はドイツ語であった。そんな中、ボジェナ・ニェムツォヴァーは、
言語革新運動を背景にこの物語を紡いだ。当時、ドイツ語系高等学校の
チェコ語の教科書として使われ、国民的支持を受けた作品である。
 作品は、作者の実の祖母をモデルに、住み慣れた村からポーランドとの
国境に近い山地の小さな村の娘の家に舞台を移し、そこの住民との交流や
なりわい、ちいさな事件や季節ごとのひなびた行事など、150年前の
チェコの山村の姿を描きつつ、物語が展開する。
 娘の亭主はドイツ語を話す領主の役人で、お婆さんはそれなりの違和感を
持つが、孫たちのいる家族は、楽しく平穏だが、村ではオーストリア帝国支配
のさまざまな矛盾が露出する。若者が徴兵されて婚約者との仲を裂かれる話、
駐留する軍隊の構成員が多国籍でイタリア人の兵士に暴行されて気が触れて、
山の中で生き続けるヴィクトルカの物語、お城の領主夫人との心の通った交流と
役人たちと村人の軋轢など……。
ほのぼのとした物語の底流に流れる毅然とした精神の発露と民族の誇り。
●挿絵多数収載!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ボジェナ・ニェムツォヴァー(ボジェナ,ニェムツォヴァー)

Božena Němcová. チェコの女性作家。1820 年ウィーンに生まれる。
オーストリア・ハンガリー帝国統治下のプラハで民族再生運動に触れ、
創作活動を始める。チェコやスロヴァキアの各地で民話や伝説を
採集して再話。チェコ近代文学の創始者に位置付けられる。1862 年没。

源 哲麿(ミナモト テツマロ)

大正14 年 島根県生れ。
出征、復員後、京都大学(旧制)文学部哲学科卒。
現在専修大学名誉教授。日本ペンクラブ名誉会員、日本独文学会員。
[著訳書]
 R・Mリルケ『ある勤労女性との往復書簡』
(大和書房『人生の名著』第14 巻所収)
R・Mリルケ『リルケ・ベンベヌータとの愛の手紙』(河出書房新社)
『文学の確認』=評論集(笠間書院)、『文学の原論』(彩流社)、
『ゲーテの猫』(リブロポート)
共著『青い水底で眠りたい』(彩流社)=源 照子の「病床覚書」記録部分
『私本文学論集』(専修大学出版局)

関連書

ページの上部へ▲

タグ: