台湾・朝鮮・満州に花開いた球児たちの夢戦前外地の高校野球

戦前外地の高校野球 台湾・朝鮮・満州に花開いた球児たちの夢

川西 玲子 著
四六判 / 326ページ / 並製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2020-6 C0075
奥付の初版発行年月:2014年08月 / 書店発売日:2014年08月20日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

台湾を軸に、大陸(満洲・朝鮮)も含めた戦前・戦中の中等・高等学校野球史を貴重な資料をもとに辿る。
1931 年、甲子園大会の決勝は嘉義農林と中京商業。嘉義は高砂族、日本人、台湾人で組織されたチーム。監督は松山商業の監督だった近藤兵太郎。試合終了後近藤は新聞記者の取材に答え、「われわれは台北のチームとは違う。台北は全員が台湾在住の政府関係者や企業人たちの日本人子弟。嘉農は日本人、台湾人、原住民の三者の混成チーム。南部が台北より強くなったというだけではない。私は三者一体の嘉農精神を教えているのです」と語った。それまで台湾大会では台北一中、台北商業等が甲子園大会に出場。台湾南部が初めて台湾代表になった時には地元は興奮の渦に包まれた。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

2015 年1月24日(土)より全国公開!
映画『KANO 1931 海の向こうの甲子園』
( 監督・馬志翔/出演・永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀ほか)
への評価、物語背景への言及だけではなく、球児をはじめ、
当時の日本人が、いかにアジアに夢をかけ、生きるために外地に渡り、
そこに根を張って生活していたかまでが本書を読むことで深まります!

著者プロフィール

川西 玲子(カワニシ レイコ)

1954 年生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了(政治学修士)。1985 年、( 財) 日本システム開発研究所 ( 財務省専管・当時)研究第一部・社会システム研究室に勤務するも、子育てとの両立が難しく退職。第四期・東京都女性問題協議会委員に就任。以後、東京学芸大学非常勤講師などを務めながら、一般市民目線から見た日本近代史をテーマに文筆活動に従事。渋谷で日本近代史をテーマにした、トークショー付きの上映イベントなども開催。父親は中国山東省青島の生まれ。昭和13 年と14 年の二回、満州代表の天津商業野球部員として甲子園大会に出場。主な著書に『歴史を知ればもっと面白い韓国映画』『映画が語る昭和史』( 武田ランダムハウスジャパン)、共著に『学校という場で人はどう生きているのか』( 北大路書房) 等がある。

目次

(第1章)高校野球はなぜ大正期に始まったのか
(第2章)台湾野球の曙
(第3章)球児の夢
(第4章)嘉義農林準優勝
(第5章)黄金期の朝鮮中等野球
(第6章)忍び寄る戦火
(第7章)昭和14 年の甲子園大会
(第8章)幻の甲子園
(第9章)外地の焼跡から

関連書

ページの上部へ▲

タグ: