主題と変奏『カンタベリー物語』の語り

増補改訂版 『カンタベリー物語』の語り 主題と変奏

佐藤 勉 著
四六判 / 444ページ / 上製
定価:4,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2010-7 C0098
奥付の初版発行年月:2014年05月 / 書店発売日:2014年05月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

イングランドの巡礼地カンタベリーを舞台に、「英詩の父」ジェフリー・チョーサーが創り上げた巨大な記念碑『カンタベリー物語』探求の必読書。
「チョーサーの求めたもの」「随想集」を大幅増補。

著者プロフィール

佐藤 勉(サトウ ツトム)

獨協大学名誉教授
著書 『語りの魔術師たち―英米文学の物語研究』(彩流社)
訳書 『文学の構造―形式批評の方法』(彩流社)ほか

目次

旅の構想――プレリュード
I 語りのポリフォニーへの序章――「総序」の内容と構造
II 語りのテクスチュア――「物語」の保守性
III 語り手チョーサーのポジション――隠蔽された政治意識
IV 語りのトポロジー――トロープの原理と展開
V 語りのディスコース――アフェクテッド・アポロジーの意味
VI プロアゴンとしてのリンキング――語りの劇的構成素
VII 語りの受容とクリシティズム――技巧の言語的転回
【増補】
Ⅷ チョーサーの求めたもの
IX 随想集
 1 神々の崩壊と人間の悲劇――神話に託した人間の想念 
 2 物語作家と読み手の想像力――その肉薄的読みの限界 
 3 地下界へ降りる意味とは?――シビュルラとは何者なのか 
 4 物語の楽しみ――あとがきに代えて

関連書

ページの上部へ▲

タグ: , ,