桜坂恵理朱と13番目の魔女

桜坂恵理朱と13番目の魔女

大橋 崇行 著
四六判 / 248ページ / 並製
定価:1,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1975-0 C0093
奥付の初版発行年月:2014年02月 / 書店発売日:2014年02月13日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

お知らせ

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

内容紹介

ーー私は、ここにいる。それは間違いなく、たしかな現実だわ

小説家である主人公が、ネットワークを使ったコミュニケーション・システム「ELIS」をめぐって起こるさまざまな事件を目の当たりにし、調査を進めていく……。情報ネットワーク社会に潜む闇とは?
『妹がスーパー戦隊に就職しました』(スマッシュ文庫)、『ライトノベルは好きですか?』(雷鳥社)の著者がはなつ、ライトノベル最新刊!

【あらすじ】
冬のはじめ、一人の少女が変死体で発見された。ネットワーク上やマスメディアでは、彼女の名前が桜坂恵理朱だという情報が、さかんに流れていた。その日、小説家をしている葉山秀司(はやま・しゅうじ)が使っているネットワーク・システム「ELIS」のアカウントに、1通のメッセージが届いていた。そこには動画が添付されており、死亡が伝えられている少女の凄惨な死体の様子が映し出されていた。そのメッセージの送り主は、「13番目の魔女」を名乗る人物である。しかもそのメッセージは、秀司の友人である田上梨愛(たうえ・りあ)のところにも、ほとんど同じものが送られていたらしい。
 田上梨愛から相談を受け、事件の真相が「13番目の魔女」から送られてきた秘密めいたメッセージに隠されていると考えた秀司は、それ以来、自分の担当編集者である赤城知佳(あかぎ・ちか)の手を借りて調査をはじめるが……。
 次々と「魔女」たちが死んでいく中で、明らかになっていなかった「12番目の魔女」、その正体とは……。

版元から一言

【編集担当から】
めくるめく物語に、これは是非アニメ化したいなと思いました!
「日経新聞」(4月2日付、夕刊)にて、ファンタジー評論家の小谷真理氏が、「目利きが選ぶ今週の3冊」で、選書して下さいました。以下、小谷氏の文章です。
「美少女殺人事件を、オカルト的な推理で解き明かそうとする一風変わったミステリ。少女、マゾヒズム、オカルト秘密結社といった話題に特化した設定がファンタスティック。」

著者プロフィール

大橋 崇行(オオハシ タカユキ)

1978 年生。作家、ライター、国文学者。上智大学大学院修了(修士)後、総合研究大学院大学修了。博士(文学)。国文学研究資料館研究員を経て、岐阜工業高等専門学校一般科目(人文)科助教。ライトノベル『妹がスーパー戦隊に就職しました』、スマッシュ文庫(PHP 研究所)、2012 年。小説『ライトノベルは好きですか? ~ようこそ! ラノベ研究会』、雷鳥社、2013 年評論(共著)『ライトノベル・スタディーズ』、青弓社、2013 年など……

ページの上部へ▲

タグ: ,