地域研究の愉しみケベックとカナダ

ケベックとカナダ 地域研究の愉しみ Quebec and Canada:The Pleasure of Area Studies

竹中 豊 著
四六判 / 342ページ / 上製
定価:4,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1970-5 C0022
奥付の初版発行年月:2014年01月 / 書店発売日:2014年01月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

「余白」としてのカナダとは?北米のフランス文化圏ケベックとは?その歴史や表象から探る。
長年のケベック研究の成果を集成。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

竹中 豊(タケナカ ユタカ)

Yutaka Takenaka カリタス女子短期大学教授。
著書に『カナダ 大いなる孤高の地』、訳書(監修)に『ケベックの生成と「新世界」』ほか。

目次

序 日本カナダ学会創設の頃
第一部 カナダ/ ケベック研究事始め
 1.多文化共生を語る
 2. ケベックにおける" 開かれたライシテ"
 3.カナダ研究の軌跡
第二部 カナダとは?ケベックとは?
 1.ヌーヴェル・フランスにおける西部進展
 2.カナダ:神話不在の文学的世界
 3.ヌーヴェル・フランスとその歴史的遺産
 4.オタワ
 5. アイデンティティの" 危機" か" 新しい調和" か
 6. ケベックとカナダ
第三部 表象から探る
 1.アンリ・ジュリアン(1852-1908) の描いたカナダ
 2.歴史像の" 発明"
 3.絵画とアイデンティティ-
 4.美意識におけるケベックと江戸文化
第四部 地域研究者の独り言
 1. ケベック研究のおもしろさ
 2.「カナダ研究」はどこへ行く?
 3. カナダ研究の今昔

関連書

タグ:カナダ史

ページの上部へ▲

タグ: ,