写俳人の誕生

写俳人の誕生

岡井 耀毅 著
四六判 / 182ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1965-1 C0070
奥付の初版発行年月:2014年02月 / 書店発売日:2014年02月03日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

かつて俳句と絵は親しい関係にあり、
一つになった作品は画俳として認められていた。
明治に入って、写真機が登場すると写真と俳句のコラボの萌芽が始まった。
本書は「写俳の黎明期」から、誰でも写真が撮れる現在における
俳句と写真のコラボによる芸術の可能性を、
歴代写真家の俳句観と具体的な歩みのなかに探る話題作。

著者プロフィール

岡井 耀毅(オカイ テルオ)

1933 年呉市生まれ。朝日新聞記者。『アサヒカメラ』編集長など歴任。
著書『土門拳の格闘』『評伝 林忠彦』『現代写真家の仕事術』
『肉声の昭和写真家』など多数。

目次

1「写俳」の黎明期
 1 「写俳」的原人一号は尾崎紅葉か
 2 「俳句不滅論」と「風景採集」の寺田寅彦
 3 詩人萩原朔太郎の蕪村へのオマージュと写真
 4 「写真」と「俳句」のクロスオーバー
2 安井仲治の写真と俳句観
3 写俳の里の物語
  ――林忠彦の師、磯部潤一郎と有馬光城
4 土門拳の俳句
5 写真家 岩宮武二の俳句
6 写俳亭 伊丹三樹彦
7 愼平俳句の時空間
  ――「二十世紀最終汽笛」
8「眼の思考」の写真と「風の思考」の俳句の合成の可能性
9 対談 岡井耀毅vs 中谷吉隆
  写俳コラボレーションの問題点とゆくえ
10 対談 岡井耀毅vs 小松健一
写真と俳句の間――なぜ写真家は俳句に惹かれるか

関連書

タグ:俳句

ページの上部へ▲

タグ: