ジャッロ映画の世界

ジャッロ映画の世界 IL MONDO DEL CINEMA GIALLO

安井 泰平 著
B5 / 552ページ / 並製
定価:4,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1962-0 C0074
奥付の初版発行年月:2013年12月 / 書店発売日:2013年12月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

お知らせ

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

内容紹介

アルジェント、バーヴァ、フルチらによる名演出の下、キャロル・ベイカー、エドウィジュ・フェネシュ、ララ・ウェンデルなど国際的人気女優が華を添えた、ジャッロ映画の世界の全貌が今ここに明かされる!日本未公開を多く含む約250 作品を、多数の図版を添えて徹底解説!
決して一人では読まないでください……
日本では最も有名なサスぺリア、ジャッロ映画を代表するデボラの甘い肉体、サスペリアPART2など、1960年代以降、イタリアで爆発的な勢いで製作された、フロイトの精神分析理論の映像化を原点とする、エロ・グロをふんだんに盛り込んだホラー・サスペンス映画群を徹底研究。イタリア本国の研究書、ポスター、ロビーカード、プレスシート、パンフなど膨大な資料から、その全貌を明らかにした日本では類を見ない決定版入門書。エロ・グロ・心理劇・スリル・スプラッターの諸要素が混じり合った、怪しい魅力渦巻くジャッロ映画世界に引き込まれること請け合い!
ジャッロ(giallo)
ジャーロとも。イタリア語で「黄色」の意。アルノルド・モンダドリ・エディトーレ社が売り出したミステリ小説シリーズが大当たりし、その表紙の色が黄色で統一されていたため、いわゆる黄表紙モノとしてジャンルを表す語に転用され、定着した。



著者プロフィール

安井 泰平(ヤスイ タイヘイ)

1976 年、東京生まれ。専門は応用心理学とイタリア映画。『イタリアン・ホラーの密かな愉しみ 血ぬられたハッタリの美学』(2008 年、フィルムアート社)の総合協力、『ホラー映画クロニクル』(同年、扶桑社)の共著などがある。日本のジャッロ研究・関連グッズ収集の第一人者。

目次

第Ⅰ部 ジャッロgiallo とは何か?
 1.ジャッロを巡る混乱
 2.ジャッロ小説とジャッロ映画の類似と相違
 3.ジャッロ映画の歴史
 4. イタリア本国に於けるジャッロ映画研究
 5. 諸外国に於けるジャッロ映画研究
 6.ダリオ・アルジェントのジャッロ映画
第Ⅱ部 1960 年から 1996 年までの主要ジャッロ映画作品
第Ⅲ部 1990 年代以降のジャッロ映画主要作品

関連書

タグ:映画

ページの上部へ▲

タグ: