83歳の思うこと長崎の被爆者から見た 3・11後

長崎の被爆者から見た 3・11後 83歳の思うこと

狩野 美智子 著
A5判 / 208ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-7791-1953-8 C0036
奥付の初版発行年月:2013年11月 / 書店発売日:2013年11月01日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

いてもたってもいられず、83歳の女性がブログを始めた。
東京は大丈夫か?日本は?世界は?地球は?
やわらかいことばと鋭い感性で、政治や社会のあれこれを語る。

新聞などの報道が、政治家の側からでなく、わたしたち生活者の視点からかみ砕いたこの本を読むと、人ごとのようにではなく、
「わたしの問題」として、社会を見られるようになるだろう。若い人にこそ読んでほしい。

著者プロフィール

狩野 美智子(カノウ ミチコ)

1929年東京生まれ。東京大空襲をはじめ東京で毎日のように空襲を体験、その後長崎で学徒動員で働いていた工場で被爆。慶應義塾大学史学科西洋史卒業。都内の定時制高校などで社会科教諭として28年教鞭をとり、のち文筆家・翻訳家。
主著『バスク物語』『バスクとスペイン内戦』(ともに彩流社)、『沖縄を学ぶ』(吾妻書房)、『野上弥生子とその時代』(ゆまに書房)。
共著『広島・長崎から―戦後民主主義を語る』(彩流社)、『スペイン賛歌』(春秋社)ほか。

目次

第一章 原発に関すること
 大岡昇平さんはふるえていた/「だから、言ったでしょつ!」/NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」
 瓦礫はどうするのだろう? /都民の被爆/『みえない雲』/脱原発に向かっていきたい/「デモ割」で乾杯/電気料金/ドイツの場合
 至福のとき/ア、ア、ア、始まっちゃった/取ってはもどす魚たち/子どもを大事に/小熊英二さんに学ぶ/民意ってなに?/なぜ、
 いけないの?/原発ゼロの意見広告/「しつっこく」訴える覚悟 
第二章 憲法のこと
 今、最高の危機ではないのか?/女性「9条の会」八周年のつどい/憲法は変えたくない/ベアテさんの贈りもの
第三章 今という時代・国が進行させていること 
 少子化もお国の方針だった?/教育について、あれこれ/いやなことが一つある/ビナードさんの思いを踏みにじった日本人
 スペインのゼネスト/日本の子どもは貧しい!!/侮辱された者は忘れない/予算案/私はどこにいるの?/国連から注意された
第四章 昭和の子ども・育った時代のこと
 気管支炎になりました/にわとりの思い出/はじめての空襲/「六区」が消えた/クラス会/上野女学校/学童疎開
第五章 今、関心のあることなどいろいろ
 ヤナーチェクを聴いた!/香櫨園/伊藤野枝と代準介/村上春樹の新作/かなわぬ夢/幸せな晩年

関連書

ページの上部へ▲