日露の文献で読み解くその深層ノモンハン事件の虚像と実像

ノモンハン事件の虚像と実像 日露の文献で読み解くその深層

岩城 成幸 著
四六判 / 305ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1935-4 C0022
奥付の初版発行年月:2013年09月 / 書店発売日:2013年09月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International Shipping is Not avabilable.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お知らせ

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

内容紹介

ノモンハンの戦場には、今もなお、約3,500体の遺骨が、砂に埋もれたまま眠っている。
本書は、日本およびロシアの各種文献や研究史をたどることによって、ノモンハン事件の虚像と実像を明らかする。
ノモンハン事件は、村上春樹や司馬遼太郎が述べているように、現在の日本社会とも密接に結びついており、
決して第二次大戦が勃発する直前に起きた極東の「忘れられた戦争」ではない。

著者プロフィール

岩城 成幸(イワキ シゲユキ)

元・国立国会図書館 調査及び立法考査局長

目次

第Ⅰ章 村上春樹と司馬遼太郎のノモンハン事件
 1 『 ねじまき鳥クロニクル』(第1部「泥棒かささぎ編」)
 2 村上春樹にとってのノモンハン事件
 3  村上春樹と間宮中尉の関係
 4  司馬遼太郎の幻の小説 『ノモンハン』
第Ⅱ章 ノモンハン事件に関する主要文献と研究動向
 1 ノモンハン事件に関する主要文献
 2 ノモンハン事件研究の転換点とその後
 3 ロシアにおける「ノモンハン事件」の研究動向
第Ⅲ章 ノモンハン事件の概要と敗因
 1 ノモンハン事件の概要 2 ノモンハン事件の敗因
 3 ノモンハン事件に関する軍の各種研究報告書
第Ⅳ章 ノモンハン事件の見直しと歴史上の「もし……」
 1 関東軍は惨敗であったか 2 日ソの戦死傷者数の比較
 3 捕虜となった飛行士の運命
 4  歴史上のもし:「 もし日本が、……」
第Ⅴ章 英雄ジューコフの虚像と実像
 1 シュテルンとジューコフの確執
 2 明らかになったジューコフの虚像
 付論 ジューコフの戦場到着日をめぐって
第Ⅵ章 昭和14 年(1939 年) 9 月のノモンハン
 1 作戦終結命令と関東軍
 2 9 月になってからのノモンハンの兵士達
 3 関東軍の新攻勢準備とソ連軍
第Ⅶ章 ノモンハン事件と日ソの諜報・情報活動
 1 ノモンハン事件前後のソ連の対日諜報活動
 2 ソ連軍による戦場での日本語情報の収集
 3 生かされなかった日本が収集した情報
 4 ノモンハン事件とゾルゲ・グループ
第Ⅷ章 ノモンハン事件と石井部隊(関東軍防疫部隊)
 1 ノモンハンにおける石井部隊の活動
 2 ホルステン河にチフス菌を投棄?

関連書

ページの上部へ▲

タグ: