ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー中欧のモダンアート

中欧のモダンアート ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー central european modern art : Poland/Czech/Slovakia/Hungary

井口 壽乃 著, 加須屋 明子 著
A5判 / 276ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1916-3 C0070
奥付の初版発行年月:2013年07月 / 書店発売日:2013年07月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

19世紀後半から第二次世界大戦前まで、
中欧の豊かなモダニズム芸術を紹介する初めての本!

若きポーランド、構成主義、プレゼンス、グルパ・クラコフスカ
オスマ、スクピナ、デヴィエトスィル、ナジバーニャ派、八人衆、MA……

マテイコ、ヴィトカッツィ、カントル、タイゲ、シュティルスキー、
ペシャーネク、チョントヴァーリ、ティハニ、ボルトニク、モホイ=ナジ……

社会主義時代に封印されていた作品が発見され、
自国の歴史・文化の再検証が進む中欧。

19世紀後半の近代美術の芽生えから、第二次世界大戦勃発まで、
美術を中心に建築・写真・デザイン等を含む中欧4ヵ国の芸術について、
具体的な作家と作品を紹介しつつ解説する。

版元から一言

◉カラー口絵32ページ(+本文図版)で、中欧のモダンアートの世界がわかります。
◉地図・関連年表・芸術家一覧で、中欧への理解がさらに深まります。

◉書評……『美術手帖』(2013年10月号)
      図書新聞(2013年10月12日)/吉野実氏(メディア史研究)
     週刊読書人「2013年回顧総特集:美術」(2013年12月20日)
       /真野宏子氏(早稲田大学/西洋美術史)

著者プロフィール

井口 壽乃(イグチ トシノ)

Toshino Iguchi
埼玉大学教養学部教授。著訳書に『世界の写真家101』(新書館、共著、1997)、『バウハウスの写真』(川崎市市民ミュージアム、共著、1997)、『写真の歴史』(美術出版社、共訳、1998)、『ハンガリー・アヴァンギャルド MAとモホイ=ナジ』(彩流社、2000)、『世界写真史』(美術出版社、共著、2004)、『アヴァンギャルド宣言ー中東欧のモダニズム』(三元社、共編著、2005)などがある。

加須屋 明子(カスヤ アキコ)

Akiko Kasuya
京都市立芸術大学美術学部准教授。共著・訳書に『ポーランド学を学ぶ人のために』(世界思想社、2007年)、『アヴァンギャルド宣言』(三元社、2005年)、『美術史をつくった女性たち―モダニズムの歩みのなかで』(勁草書房、2003年)などがある。

目次

はじめに──中欧の芸術の歴史的背景

I ポーランド
1 「若きポーランド」とその周辺
   ──モダニズム期における民族様式の追求 1890-1918
    ◉ロマン主義、写実主義──ロダコフスキ、マテイコ
    ◉「若きポーランド」──印象派、象徴主義、ネオロマン主義

2 「構成主義」
   ──両大戦期、インターナショナルな前衛運動 1923-36
    ◉形態主義──チジェフスキ、プロナシュコ兄弟
    ◉構成主義──ストシェミンスキ、コブロ、スタジェフスキ

3 クラクフを中心とする動き
   ──ヴィトカッツィ、色彩派、グルパ・クラコフスカ、
    カントルと戦後へ
    ◉ヴィトカッツィ・多彩な孤高の天才
    ◉色彩派──ツィビス、チャプスキ、ナハト=サンボルスキ
    ◉グルパ・クラコフスカ

4 ポーランドの写真
   ──黎明期から芸術写真へ。フォトモンタージュ
    ◉フォトモンタージュ
      ──シュチュカ、ヴウォダルスキ、ポトサデツキ

Ⅱ チェコ、スロヴァキア
1 抽象絵画の誕生
   ──「マーネス造形芸術家連盟」の画家たち 1887-1910
    ◉フランティシェク・クプカと抽象絵画
    ◉表現主義グループ「オスマ」

2 チェコ・キュビスム「スクピナ」
   ──絵画・建築・デザイン 1911-18
    ◉チェコ・キュビスム建築
      ──コチェラ、ヤナーク、ゴチャール、ホホル

3 「デヴィエトスィル」と構成主義
   ──カレル・タイゲ 1920-27
    ◉グループ「デヴィエトスィル」の結成
    ◉ポエティズム
    ◉カレル・タイゲの構成主義論とチェコスロヴァキアの建築界
    ◉国際的な文芸アンソロジー『フロンタ』

4 シュルレアリスム
   ──シュティルスキー、トワイヤン、シーマ、タイゲ
    1927-30年代
    ◉シュティルスキーとトワイヤンの人工主義絵画
    ◉シュルレアリスム・グループの結成
    ◉ヨゼフ・シーマのシュルレアリスム絵画
    ◉カレル・タイゲのフォトモンタージュ

5 キネティック・アート
   ──ペシャーネクのライト・キネティック・アート 1924-37

6 アーツ・アンド・クラフツ協会と両大戦間期のデザイン
   ──タイゲ、ストナー
    ◉カレル・タイゲによるデザイン理論
    ◉アーツ・アンド・クラフツ協会とラディスラフ・ストナー

7 ピクトリアリズムから前衛写真まで
   ──ドルティコル、レスレル、フンケ
    ◉フランティシェク・ドルティコルからヤロスラフ・レスレルへ
    ◉ヤロミール・フンケの抽象写真

Ⅲ ハンガリー
1 「ナジバーニャ派」
   ──トランシルヴァニアにおける近代絵画の胎動 1896-1910
    ◉ホローシ・シモンと自由絵画学校の画家たち
    ◉新印象主義グループ「ネオーショク」からフォーヴィスムへ

2 「八人衆」
   ──ハンガリー印象主義からフォーヴィスムへ 1907-12
    ◉ケルンシュトク・カーロイとグループ「探求者」
    ◉ルカーチと「探求者」
    ◉ハンガリー・フォーヴィスム「八人衆」の誕生
    ◉シンボリズムの画家──チョントヴァーリ

3 「MA」の芸術家たち
   ──行動主義からハンガリー構成主義へ 1915-25
    ◉カシャーク・ラヨシュとグループ「MA」の誕生
    ◉ウィッツ・ベーラ
    ◉ボルトニク・シャーンドル

4 越境の芸術家
   ──ティハニ、マティス・テウチ、モホイ=ナジ
    ◉ティハニ・ラヨシュ
    ◉マティス・テウチ・ヤーノシュ
    ◉モホイ=ナジ・ラースロー

5 ハンガリーの工芸
   ──「ハンガリー・セセッション」とゲデレー工房 1901-20
    ◉ケレシュフェーイ=クリシュ・アラダール

6 グラフィックデザイン
   ──プロパガンダ・ポスターから広告ポスターまで 1885-1930
    ◉第一次世界大戦のポスター──ビロー・ミハーイ
    ◉革命プロパガンダ・ポスター
      ──ビロー、ベレーニ、ポール、ウィッツ
    ◉バウハウスの影響
    ◉ペーチ・ヨージェフの広告写真
    ◉グラフィックデザイン展

関連書

ページの上部へ▲