デンマーク国民をつくった歴史教科書

デンマーク国民をつくった歴史教科書 DANMARKS HISTORIE

ニコリーネ・マリーイ・ヘルムス 著, 村井 誠人 訳, 大溪 太郎 訳
A5判 / 320ページ / 並製
定価:3,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1867-8 C0022
奥付の初版発行年月:2013年02月 / 書店発売日:2013年02月28日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

北欧の王国・デンマークの国民史を

デンマーク人自身はどのように語ったのか!


国民学校(小・中学校)で読まれ続けてきた

歴史教科書で知る、北の王国・デンマークの歴史!


 

本書は、第一次世界大戦時に発行されて以来、長い間、デンマークの国民学校
(小・中学校)で読まれ続けてきた歴史教科書『子供に語るデンマーク史』の翻訳です。
デンマークの子供たちは、本書を通して、自分たちはどのような歴史背景をもち、
自分たちが所属するデンマーク国民がどのように出来上がってきたのかを
知りました。
デンマークという国の起源から、第二次世界大戦のドイツによる5年間の占領、
兄弟民族としてともにしてきたノルウェー人への親和性、バルト海を巡る”宿敵”
スウェーデン人の存在など……
なぜ、デンマーク人は、デンマーク国民であることに誇りをもつのか?

北欧の王国・デンマークを知る決定版!
   ※図版多数、詳細な年表、訳註、解題つきです!

著者プロフィール

ニコリーネ・マリーイ・ヘルムス(ヘルムス,ニコリーネ・マリーイ)

Nikoline.M.Helms (1895 ー1939)歴史教育が祖国愛を育てるべきだと考え、
国民学校の教頭としていくつかの歴史教科書を執筆した女性。

村井 誠人(ムライ マコト)

北欧研究の第一人者。
1947 年東京都生まれ。早稲田大学大学院博士課程単位取得退学。
津田塾大学・大阪外国語大学・東京大学非常勤講師を兼務し、
2000-01 年にコペンハーゲン大学客員教授としてデンマークに滞在。
早稲田大学文学学術院教授。北欧史専攻。
主な編著書に、『読んで旅する世界の歴史と文化 北欧』(共編、新潮社)、
『新版 世界各国史21 北欧史』(共編、山川出版社)、『ノルウェーの社会』
(早稲田大学出版部)、『スウェーデンを知るための60 章』(明石書店)、
『デンマークを知るための68 章』(明石書店)など多数。

大溪 太郎(オオタニ タロウ)

1981年新潟県生まれ。筑波大学第一群人文学類・東海大学文学部卒。2004〜05年、オスロ大学留学。現在、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程在学中。北欧史(ノルウェー近代史)専攻。

目次

はじめに……………10


読者のみなさんへ……………38



最古の時代……………40

デンマークの王たちの伝説……………42
スキョル王/ローアとヘリェ/ロルフ・クラーケ/ロルフとアーディルス/ロルフの死/
ヴェアモンとウフェ/フローゼ・フレーゼゴーズ(和善王)

神々への信仰……………52
トーアがハンマーを取り返す/バルダ(バルドル)

アンスガー(アンスガーリウス)……………55

ヴァイキング遠征……………58
ライナ・ローズブローウ

ヴァイキング時代のデンマークの王たち……………63
ゴームとテューラ/ハーラル青歯王/スヴェン双叉顎鬚王/スヴォルの戦い/
スヴェン双叉顎鬚王のイングランド占領

クヌーズ(クヌート)大王……………71
一〇一八―一〇三五年/ウルフ・ヤール/クヌーズのノルウェー獲得/マグヌス善王/
スヴェン・エストリズスン

スヴェン・ストリズスンの息子たち……………77
クヌーズ聖王/飢餓/イーレク常善王/ニルスとクヌーズ・レーヴァード

内乱の時代……………83
ロスキレの血祭り

ヴァルデマ時代……………87
ヴァルデマ大王/クヌーズ六世/ヴァルデマ勝利王/エストニアへの遠征/
リューウー島での狩猟/法の制定者ヴァルデマ

デンマークの没落 一二〇二―四一年……………98
ヴァルデマ勝利王の息子たち/イーレク犂税王/エーベルとその子孫/クリストファ一世/
イーレク切り詰め王/イーレク人間通王。平和喪失者たち/イェンス・グラン/
イーレク人間通王の放蕩と財政問題/クリストファ二世と質地領主たち/王のいないデンマーク

中世のデンマークの人々……………106
農民/貴族/王/都市/教会/修道院/司教

デンマークの統一……………113
ニルス・エベスン/ヴァルデマ再興王/黒死病/デンマーク国家の統一/
ヴィスビューへの遠征/ハンザ諸都市との戦い/南ユトランド

マルグレーテ女王……………120
一三七五―一四一二年/カルマル連合/マルグレーテの統治/南ユトランド

マルグレーテ亡きあとのカルマル連合時代……………124
イーレク・ア・ポンメルン/クリストファ・ア・バイエルン

オレンボー朝の人々 ―カルマル連合の解体―……………126
クリスチャン一世。クリスチャンとスウェーデン/カール・クヌートソン/ステーン・ステューレ/
ブルンケベリの戦い/南ユトランドとホルシュタイン/クリスチャン一世の浪費/ハンス王/
ディトマルシェンへの遠征/連合、再び崩壊する/出版技術/
クリスチャン二世 クリスチャンの幼少期と青年期/トーベン・オクセ/クリスチャン二世とスウェーデン/
ストックホルムの血浴/クリスチャン二世の法/グスタヴ・ヴァーサ

宗教改革の時代……………140
フレゼリク一世と追放された王/ハンス・タウセン/伯爵戦争 一五三四―三六年/クリーメント船長の反乱/
クリスチャン三世とヨハン・ラントサウ/ハンス・マセン/コペンハーゲン包囲/宗教改革の開始 一五三六年

フレゼリク二世……………149
両公爵領の分割/フレゼリク二世の戦争/ヘアロフ・トロレ/ピーザ・オクセ。海峡税/宮殿

フレゼリク世時代の都市と城の生活……………153
デンマークのとある地方都市で/火災と伝染病/魔術/領主の館/デンマーク貴族にとって最高の時代/
テューイェ・ブラーア

クリスチャン四世……………162
一五八八―一六四八年/建築物と都市。商業/クリスチャン四世の奮闘/カルマル戦争/三十年戦争/
トシュテンソン戦争/ブルムセブロー講和/クリスチャン四世の死

カール・グスタヴ戦争……………172
第一次カール・グスタヴ戦争。一六五七―五八年/第二次カール・グスタヴ戦争。一六五八―六〇年/
コペンハーゲンの包囲/コペンハーゲンへの総攻撃/戦争の終結


デンマークへの絶対王制導入……………178
一六六〇年の身分制議会。デンマーク、世襲王国となる/リオノーア・クリスティーネ・ウルフェルト/
クリスチャン五世とグレフェンフェルト/スコーネ戦争/ニルス・ユール/
デンマーク法――キンゴ

大北方戦争……………189
カール十二世/スコーネでの戦争。ステンボック/
海上での戦い。イーヴァル・フイトフェルトとトアデンスキョル/カール十二世の帰国。戦争の終結/講和

ホルベアの時代……………195
フレゼリク四世/クリスチャン六世/フレゼリク五世/カツラ時代。ホルベア/ハンス・イーイゼ

クリスチャン七世の治世……………203
クリスチャン七世/ストルーウンセ/グルベアの時代/王太子/一七八四年 王太子の権力掌握

農民の境遇……………209
村/共同作業/賦役/兵役/一七三三年の土地緊縛制/祝日

大改革……………219
一七八八年 土地緊縛制の廃止/条地交換。賦役の廃止/その他の諸改革

一八〇一年と一八〇七―一四年の戦争……………221
ヨーロッパでの戦争/デンマークの貿易。中立同盟/一八〇一年四月二日 碇泊地の戦い/
イギリスと組むか、フランスと組むか/一八〇七年 コペンハーゲン砲撃/続く戦争/ノルウェー/
ノルウェー、デンマークから分離する/ノルウェーとスウェーデン


フレゼリク六世の時代……………231
財政危機/著名なデンマーク人/フレゼリク六世/身分制議会


クリスチャン八世……………236
人民は絶対主義の廃止を願う/シュレースヴィヒ=ホルシュタイン主義者/ヨート・ロランセン/
クリスチャン八世とアウグステンボー家


一八四八年 自由を求める騒乱……………240
フレゼリク七世/三月の日々。ホルシュタインにおける不穏/カシーノ集会/三月二十一日の民衆行進/
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン主義者に対する王の回答/反乱の勃発/「一八四八年の精神」

三年戦争……………244
ボウ、スリースヴィ/一八四九年、エカーンフェアデ、フレザレチャ/
一八四九年七月六日 フレザレチャの戦い/一八五〇年 イステズ

憲法……………250
一八四九年

ふたつのスリースヴィ戦争の間……………251
引き続く困難/進歩/蒸気船と鉄道/精神生活/スカンディナヴィア主義/一八六三年十一月憲法/
フレゼリク七世の死/新しい王家/王位継承後の不穏

一八六四年の戦争……………259
ダネヴィアケ/サンケルマーク湖/デュブル/四月十八日の総攻撃/ヘルゴランド、ロンドン会議/
アルス島、戦争の終結

南ユトランド……………264
一九二〇年 再統合


一八六四年以降のデンマーク……………267
農業/小屋住み農民/ダルガスとヒース/都市、雇用主と労働者

グリュクスボー家…………………276
クリスチャン九世/一八六六年憲法/一九〇一年の体制変化/外交政策/フレゼリク八世/
クリスチャン十世/第一次世界大戦/北欧協力/一九一五年憲法/第一次世界大戦後/大恐慌/
第二次世界大戦/レジスタンス(抵抗運動)/一九四三年八月二十九日/一九四四年九月十九日/
一九四五年五月四日/解放後のデンマーク/粛清/財政状況/外国との貿易関係/南部スリースヴィ/
フレゼリク九世/新憲法と新王位継承法/新憲法のもとで


デンマーク史年表(一九四〇年、ドイツによる占領以降)…………………iv


デンマーク王の系譜…………………i

関連書

ページの上部へ▲

タグ: