評論集・カナダ文学を語る言葉のうるわしい裏切り

言葉のうるわしい裏切り 評論集・カナダ文学を語る Loverly Treachery of words: Esseys Selected and New.

ロバート・クロウチ 著, 久野 幸子 訳
四六判 / 428ページ / 上製
定価:3,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1859-3 C0098
奥付の初版発行年月:2013年04月 / 書店発売日:2013年04月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

カナダ文学の特質とは何か。アトウッド、オンダーチェら現代カナダの作品、
詩、評論などを詳細に、物語るように、唱うように論じた異色の文学論。
カナダのプレーリー(平原)地方を代表する作家であり、文学教授でもあった
ロバート・クロウチによるカナダ文学論。
詩のように紡がれる言葉が、カナダ文学の本質を鋭く突く。日本初紹介。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ロバート・クロウチ(クロウチ,ロバート)

Robert Kroetsch 1927-2011. カナダの作家、編集者、教授。
代表作に『種馬男』(Studhorse man)。
カナダのプレーリー地方に根ざした新たな文学を模索し、
活発な評論活動も行った。

久野 幸子(クノ サチコ)

愛知淑徳大学文学部教授。

目次

第1章  アメリカ発見の瞬間は続いている
第2章  統一性としての不統一ーカナダ的戦略
第3章  空隙を朗唱する
第4章  無名が私の名前である
第5章  カナダ作家とアメリカ文学の伝統
第6章  隠されているものをあらわにする
第7章  ナショナリズムを越えてープロローグ
第8章  プレーリー小説における女性恐怖
ー空間のエロティクス
第9章  沈黙の文法
第10 章 カーニバルと暴力、瞑想
第11 章 爆裂するやまあらし
第13 章 戯れと入場のためにー現代カナダロングポエム
第12 章 評論に向けてーぼくのニューヨーク州北部日記
第14 章 ノースロップ・フライからヒーローを学んで
第15 章『おお主よわれらの祈りを聞きたまえ』と
オルフェウスの機会
第16 章 知ることのヴェール
第17 章 私の本はあなたのより大きい

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,