複製された男

ポルトガル文学叢書 17
複製された男 O Homem Duplicado

ジョゼ・サラマーゴ 著, 阿部 孝次 訳
四六判 / 301ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1834-0 C0097
奥付の初版発行年月:2012年10月 / 書店発売日:2012年10月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

彼がオリジナルで、自分が複製された男なのか!
孤独な現代人の苦悩とアイデンティティの危機をミステリー仕立てで描いた
ポルトガルのノーベル賞作家サラマーゴの傑作。
アメリカで映画化!
世界23カ国で翻訳!
「本書のストーリーは、通信技術がどんなに発達しても、個人間のコミュニケーションの問題は解決しないということを示しているように思われる。ネット社会といわれる現代において、人々の孤独はむしろ深まっているのである。執拗に繰り返されるテルトゥリアーノ・マッシモ・アフォンソという主人公の古めかしい名前は、人々のつながりが失われ、個人の匿名化が進んだ現代社会で、あたかもその存在を強固に主張しているようだ。」(本書「訳者解説」より)

版元から一言

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ジョゼ・サラマーゴ(サラマーゴ,ジョゼ)

José Saramago(1922-2010)
ポルトガルのサラザール独裁体制が崩壊した1974年のリスボンの春以降、ジャーナリストから作家に専念し、国民的作家となる。1998年ノーベル文学賞を受賞。
『あらゆる名前』、『リカルド・レイスの死の年』(彩流社)、『白の闇』(NHK出版)、『見知らぬ島への扉』(アーティストハウス)、『修道院回想録』(而立書房)など多数の作品がある。

阿部 孝次(アベ コウジ)

1957年大阪市生まれ。東京大学教養学部卒。1982年からマドリード・コンプルテンセ大学留学。読売新聞東京本社を経て、東京読売サービス勤務。
訳書
『砂の戦士たち』(ジョルジェ・アマード著)、『日本紀行「開戦前夜」』(フェレイラ・デ・カストロ著)、『大密林』(フェレイラ・デ・カストロ 著)、『マリアネラ』(ベニート・ペレス・ガルドス著)すべて彩流社刊。
なお、『砂の戦士たち』の翻訳はTSミュージカルファンデーションにより、2003年11月、池袋サンシャイン劇場でミュージカルとして上演された。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,