近現代イギリス女性史論集欲ばりな女たち

欲ばりな女たち 近現代イギリス女性史論集

伊藤 航多 編著, 佐藤 繭香 編著, 菅 靖子 編著
四六判 / 402ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1816-6 C0022
奥付の初版発行年月:2013年02月 / 書店発売日:2013年02月07日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お知らせ

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

内容紹介

なぜ彼女たちは「成功」したのか。

18 世紀〜20 世紀、近代化が進むなかで、女性たちは自らの「場」をどこに見いだし、
作り出してきたのか──女性であることを「使い」つつ、自らの可能性を切り開いてきた
タフなイギリス人女性たちの自己表現に焦点をあて、文学、歴史学、宗教、食文化、
女性医師等々、さまざまな角度からイギリス史における女性の貢献を再考する社会史論集。

近現代イギリス女性史に新たな視野を提供する。

版元から一言

「辛く悲しい」女性哀史ではありません!
女性が元気な論集です!

◉書評……歴史学研究会『歴史学研究』No.917/仲丸英起氏(2014年4月)

著者プロフィール

伊藤 航多(イトウ コウタ)

津田塾大学学芸学部専任講師

佐藤 繭香(サトウ マユカ)

麗澤大学外国語学部助教

菅 靖子(スガ ヤスコ)

津田塾大学学芸学部准教授

目次

第I部 知に挑む
◉書く女たちの野望──出版という自己実現
  (梅垣千尋/青山学院女子短期大学准教授)
◉歴史を紡いだ女性たち── 19 世紀イギリスにおける歴史学と女性
  (伊藤航多/津田塾大学学芸学部専任講師)
◉医師登録制度とインドの恩恵――ヴィクトリア時代の女性医師
  (出島有紀子/桜美林大学リベラルアーツ学群専任講師)

第Ⅱ部 生を織りなす
◉消費者としての女性──家具の購入における主導権とデザインへの参加、1770〜1850 年
  (真保晶子/早稲田大学社会科学総合学術院非常勤講師)
◉刺繍の価値を高める──ヴィクトリア時代後期の女性たちの試み
  (成田芙美/津田塾大学言語文化研究所特別研究員)
◉子育て支援体制の構築をめざして──世紀転換期の母親たちのネットワーク
  (三井淳子/東洋学園大学非常勤講師)
◉ C. S. ピール夫人が描いた食の近代化──第一次世界大戦を中心に
  (菅靖子/津田塾大学学芸学部准教授)

第Ⅲ部 人をつなぐ
◉教区のアイドルから教区の女王へ──英国国教会牧師館の女性たち
  (山口みどり/大東文化大学法学部教授)
◉チャーミングな黒幕──魅惑の「女主人」たち
  (坂口美知子/獨協医科大学基本医学講師)
◉政治運動に親しむ女性たち──女優参政権同盟の活躍
  (佐藤繭香/麗澤大学外国語学部助教)

関連書

タグ:女性史

ページの上部へ▲

タグ: