詩人水上不二の人と作品気仙沼大島の記憶

気仙沼大島の記憶 詩人水上不二の人と作品

西田 耕三 著
四六判 / 288ページ / 並製
定価:2,300円 + 税
ISBN978-4-7791-1761-9 C0095
奥付の初版発行年月:2012年03月 / 書店発売日:2012年03月01日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

わたしの生命の消息を自分の足音に聞く・・・澄明なことばで三陸・気仙沼大島の海、心像風景を謳いあげた水上不二!まどみちおと主宰した同人誌『昆虫列車』から旺盛な創作期まで、童謡詩人の生涯と作品を辿る。

青い海のなかに、小さい島がひとつ

小さい島のなかに、つばきの木が一本 / 春がきて、咲いて、
朝日に夕日にひかって / 東を見ても花ざかり、西から見ても花ざかり

[本書の主な内容]
生地大島 自然環境 若年のころ 准訓導時代 雑誌「赤い鳥」 松江第一小学校時代
第二期「赤い鳥」 「赤い鳥」ののち 同人誌「昆虫列車」 戦争激化の下で 敗戦前後
旺盛な創作期 不幸な出来事 原点への回帰 『不二民謡作品集』 郷里への愛慕

著者プロフィール

西田 耕三(ニシダ コウゾウ)

1933年生まれ。気仙沼市にあって「三陸地方総合誌」主宰。著書に「鼎浦 小山東助の思想と生涯」「三陸地域史の謎」「南三陸災害史」「幕末明治雑記帳」など。

関連書

タグ:童謡
タグ:

ページの上部へ▲

タグ: ,