落語家・快楽亭ブラックの本質名人宣言

名人宣言 落語家・快楽亭ブラックの本質

越智多 藁惠 著
四六判 / 328ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1755-8 C0076
奥付の初版発行年月:2012年02月 / 書店発売日:2012年02月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

2012年5月に快楽亭ブラックは還暦を迎える
大須演芸場(名古屋)で還暦記念24時間落語会を敢行!
著者は落語家を目指す若者たちを取材した本を出版したことがある。しかし落語界の反応は「本当」のことを書くといろいろな人がいろいろなことを言うというものだった。ある芸能事務所のエライ人からはもう仕事をしないと脅された。「落語界のことを書くのはもうよそう」と思った。でも落語が好きで落語会には出かけた。そしてどうしても書きたい落語家に出逢った。それがブラックだった。彼はじつに楽しそうに噺をする。好きなのはこれだということがひしひしと伝わる。「落語界」は狭い村社会。返ってくるのは陰湿な批判ばかりだ。本を書く魅力をすっかり失っていた著者だったが書くことを決意した。落語家ブラックの魅力がそうさせたのだ。迷惑を省みず常にブラックに寄り添い、高座も楽屋ウラも見ることにした。還暦を迎えようとする全身落語家・快楽亭ブラックの本質に文化部記者が肉迫する。

著者プロフィール

越智多 藁惠(オチダ ワラエ)

1958年大分県生まれ。現在、某新聞社文化部編集委員。

目次

(1章)口演速記
(2章)人情噺
(3章)本寸法
(4章)名人
(5章)風とマンダラ
(6章)新作落語

関連書

タグ:落語

ページの上部へ▲

タグ: