ばかものギンペルと10の物語

ばかものギンペルと10の物語 GIMPEL THE FOOL AND OTHER STORIES

アイザック・B・シンガー 著, 村川 武彦 訳
四六判 / 259ページ / 上製
定価:2,400円 + 税
ISBN978-4-7791-1754-1 C0097
奥付の初版発行年月:2011年12月 / 書店発売日:2011年12月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「短編の名手」といわれたノーベル賞作家、最初の短編集、完訳!
迫害を逃れポーランドからニューヨークに移住し、イディッシュ語でポーランドに住むユダヤ社会を描き続けた異色の作家。
「ヘンリー・ミラーは古今東西の十大作家はという質問に対して、彼の十大作家の十番目にI・B・シンガーをあげた。ヘンリー・ミラーは彼の作品には『なによりも愛がある、われわれが本で読みなれているものよりももっと大きな、もっと広い愛がある』といっていた。シンガーにとって文学とは人を楽しませるもの以外のなにものでもなかった。そして彼は『性格の分析こそが人間にとって最大の楽しみ』であると断言する。ちなみに筆頭は老子であった」(「悪魔的情念の解放者――I・B・シンガーの人と作品」飛田茂雄)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

アイザック・B・シンガー(シンガー,アイザック・B.)

Isaac Bashevis Singer、1904~1991
ポーランド生まれ。ワルシャワ・ラビ養成神学校で教育を受け、イデッシュ語で作品を書き始める。1935年、アメリカに移住し、ニューヨークに定住する。本書収録の「ばかものギンペル」がソール・ベローによって翻訳され名声が高まる。1970、74年の2回全米図書賞を受賞。1978年ノーベル文学賞を受賞。日本語訳には『カフカの友と20の物語』(彩流社)『やぎと少年』(岩波書店)『短い金曜日』(晶文社)『ショーシャ』(吉夏社)『父の法廷』(未知谷)、『不浄の血 アイザック・バシェヴィス・シンガー傑作選』(西成彦訳、河出書房新社、2013年)など多数ある。

村川 武彦(ムラカワ タケヒコ)

1929年、山形県生まれ。山形高等学校文科(旧制)、東北大学経済学部卒業。翻訳家。訳書にマーク・トウェイン『まぬけのウィルソンとかの異形の双生児』、アイザック・B・シンガーの『カフカの友と20の物語』(ともに彩流社)。

目次

ばかものギンペル  
クラクフからやってきた紳士
妻殺し(初訳)
追悼の灯明の下で(初訳)
鏡(初訳)
小柄な靴屋たち(初訳)
喜 び(初訳)
生まれなかったものの日誌選
(初訳)
おやじ 
火 事(初訳)
見られなかった人(初訳) 

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,