[付]ジューバルの伝説サイラス・マーナー

ジョージ・エリオット全集 4
サイラス・マーナー [付]ジューバルの伝説 Silas Marner,The Legend of Jubal

ジョージ・エリオット 著, 奥村 真紀 訳, 清水 伊津代 訳・解説, 内田 能嗣 解説
A5判 / 248ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1744-2 C0397
奥付の初版発行年月:2019年08月 / 書店発売日:2019年08月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

どんなに絶望していても

幸せはきっとやって来る。

心揺さぶる不朽の名作。


孤独に暮らす職工サイラス・マーナー。
過去の出来事から人、そして神を信じることができなくなり、
心をかたく閉ざしてしまった彼は、
コツコツと貯めたお金を数えるのだけが毎日の楽しみ。
そんな彼のもとにやって来た幼い女の子エピー。
彼女の存在がサイラスの心にぬくもりを取り戻し、
2人の幸せな日々はいつまでも続くと思われたが……。

劇的な展開、重層する伏線、緻密な心理描写がいかんなく
発揮された傑作を、エリオットらしさがいきる訳文で!

旧約聖書に想を得て、劇的な展開のうちに
生の歓喜と不条理をうたいあげた長詩「ジューバルの伝説」
を併録。初訳。

著者プロフィール

ジョージ・エリオット(ジョージ エリオット)

George Eliot(Mari Anne Evans)1819-1880.
本名マリアン・エヴァンズ。
男性名で評論、小説、詩作品を発表し、
英国小説史におけるもっとも傑出した
リアリズム小説家と評される。

奥村 真紀(オクムラ マキ)

おくむら まき
同志社大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
京都教育大学准教授。
著書に
『ブロンテ姉妹の世界』(共著、内田能嗣 編著、
 ミネルヴァ書房、2010年)、
『あらすじで読むジョージ・エリオットの小説』(共著、
 内田能嗣、原公章 編、大阪教育図書、2010年)、
『ブロンテ姉妹と15人の男たちの肖像 作家をめぐる人間ドラマ
 MINERVA 歴史・文化ライブラリー』(共著、
 岩上はる子・惣谷美智子 編著、ミネルヴァ書房、2015年)など。
訳書に
『歴史のなかのブロンテ』(共訳、マリアン・トールマレン 編、
 海老根宏、内田能嗣 監修、大阪教育図書、2017年)、
論文に
「周縁への逃避を求めて――『嵐が丘』の死生観」
(『ブロンテ・スタディーズ』第6巻・第4号)など。

清水 伊津代(シミズ イツヨ)

しみず いつよ
関西大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。
元近畿大学教授。博士(文学)。
著書に
『ジョージ・エリオットの時空  小説の再評価』
(共著、海老根宏、内田能嗣 編著、北星堂書店、2000年)、
『あらすじで読むジョージ・エリオットの小説』(共著、
 内田能嗣、原公章 編、大阪教育図書、2010年)、
『ブロンテと19世紀イギリス
 ――日本ブロンテ協会設立30周年記念論集』
(共著、日本ブロンテ協会 編、大阪教育図書、2015年)など。
訳書に
『トマス・ハーディの生涯』
(トマス・ハーディ全集 16、共訳、大阪教育図書、2011年)、
『エミリ・ブロンテの日記』
(サラ・フェルミ 著、内田能嗣、清水伊津代、前田淑江 監訳、
 大阪教育図書、2013年)など。

内田 能嗣(ウチダ ヨシツグ)

うちだ よしつぐ
帝塚山学院大学名誉教授。
日本ブロンテ協会顧問。

関連書

ページの上部へ▲