トマス・ハーディ

時代のなかの作家たち 3
トマス・ハーディ

パトリシャ・インガム 著, 鮎澤 乗光 訳
四六判 / 452ページ / 上製
定価:3,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1703-9 C0098
奥付の初版発行年月:2012年07月 / 書店発売日:2012年07月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

『テス』『日陰者ジュード』が知られ、自然主義作家として今も愛読される
トマス・ハーディ。彼が生きたのは、新たな離婚法、教育の機会の広がり、
女性参政権、そして宗教への疑問が生じた時代であった。
当時の社会に共鳴する作家とその作品を読み解く。

■女性に理解を示したハーディ。でも、女心はわかっていなかった!?
■石工の家のゆりかごから、ウェストミンスター寺院での国葬級葬儀まで。
 作家ハーディの上昇志向とは?
■「ウェセックス」という地方ブランドを発信!
■建築家、地質学マニアならではの視点、描写とは?
映画化もされた『ダーヴァビル家のテス』『キャスタブリッジの町長』
などの作品で知られる偉大なる英国作家トマス・ハーディ。
その女性の描き方は当時センセーションを巻き起こした。
はたして作家の真実や作品の意図はどこにあったのか? 
あらゆる角度から、時代背景と作家の特徴を探る。
叢書「時代のなかの作家たち」第3弾!
(続刊予定:ジョージ・エリオット、チャールズ・ディケンズ、
オスカー・ワイルド、ウィルキー・コリンズ)
★本シリーズは、当時の社会状況や哲学、科学知識といった広範な
コンテクストを分かりやすく解説し、なぜ作家はそのように書いたのか、
そこにはなにが書かれているのかを鮮やかに開示。
映画化作品も網羅して、現代に至るまでの受容のあり方も追う。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

著者プロフィール

パトリシャ・インガム(インガム,パトリシャ)

オックスフォード大学セント・アンズ・コレッジ上級研究員および英文学名誉上級講師。
ヴィクトリア朝文学に関して幅広く研究、執筆を行う。著書に『ブロンテ姉妹』(彩流社、2010)。

鮎澤 乗光(アユザワ ノリミツ)

立正大学教授。

目次

第一章 トマス・ハーディの生涯
第二章 社会構造
第三章 文学のコンテクスト
第四章 社会問題——ハーディの小説における階級
第五章 社会問題——女性と社会
第六章 ハーディと科学——空間、時間、進化、人類
第七章 宗教問題
第八章 ハーディを再コンテクスト化する (映画)
年表、参考文献/ウェブサイト
/映画とテレビの翻案物リスト付き

関連書

ページの上部へ▲

タグ: