見えない流れ

見えない流れ L'Étage Invisible

エムナ・ベルハージ・ヤヒヤ 著, 青柳 悦子 訳
四六判 / 256ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1648-3 C0097
奥付の初版発行年月:2011年09月 / 書店発売日:2011年09月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

北アフリカの国チュニジアの首都チュニス。
兄ヤーシーンの「ありふれた日常」と妹アーイダの恋——
普通の人びとの生活や街角の光景のモザイクから、静かに、
鮮やかに浮かび上がる人間の幸福や真実、そして普遍性。
輝きを放つ言葉としなやかな感性で紡がれる傑作小説

版元から一言

「……温かい人間観察と哲学的な議論とが混じり合い、新鮮な身体的感覚と社会や歴史をも俯瞰的に眺める透徹した認識とが微妙なバランスで絡まり合って、ああこれが人間の真実というものか、と思わせる地点へと私たちを導いて行ってくれます」
「……80年代末から90年代初めのチュニスを主な舞台にしたこの作品に、欧米の小説にはない親近感を感じる方も多いのではないでしょうか」(「解説」より)

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

エムナ・ベルハージ・ヤヒヤ(ヤヒヤ エムナ ベルハージ)

Emna Belhaj Yahia.
1945年、チュニス生まれ。
ソルボンヌ大学・大学院で哲学を専攻。哲学教師などを経て、
権威ある公的文化機関であるチュニジアン・アカデミー
(「知識の館」)館長を務める(2005年退職)。

青柳 悦子(アオヤギ エツコ)

Aoyagi Etsuko.
筑波大学人文社会科学研究科教授(文芸・言語専攻)
著書に『デリダで読む『千夜一夜』』(2009)
『あらすじと読みどころで味わう世界の長編文学』
(共著、2006)『文学理論のプラクティス』(共著、2001)
(以上、新曜社)、
『バフチンを読む』(共著、1997、NHKブックス)など。
訳書に
マリナ・ヤゲーロ『言葉の国のアリス——あなたにもわかる言語学』
(1997、夏目書房。渋沢・クローデル賞受賞)など。

目次

ボール玉とこぶ
杉綾模様
ヤヌス
方向転換
空想
敷石の下の虚空
昔のしかめ面
デレンダ

運転手と電話交換手
地形図

コイン
炭で書かれた言葉
製法
守護聖人
白い四角
海の衣装
チュニジア女性

移動
建築
ソルターナの孫たち
ソクラテスとサッカーとヘアカーラー
斜めの光

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,