視点が変わる気付きのテクニック抽象画入門

抽象画入門 視点が変わる気付きのテクニック

金子 善明 著
B5 / 120ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1594-3 C0071
奥付の初版発行年月:2010年12月 / 書店発売日:2010年12月17日
3500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

抽象画はむずかしくない! 抽象画の技法をやさしく伝える初めての書!
……日常風景の中に抽象的な美しさはいくらでも潜んでいる。大切なのはそのことに気付くかどうかということだけだと思う。本書にはそのことに気付くヒントが沢山散りばめられている。……(本書はじめにより)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

金子 善明(カネコ ヨシアキ)

1948年、大分県湯布院生まれ。 1972年 武蔵野美術大学専攻科油絵修了。1974年~82年 パリ滞在。1975年 エコール・デ・ボザール(パリ国立美術大学)入学。1982年 帰国後作家活動にはいり、絵画教室も主宰。トラジャシリーズ(ミクストメディア=混合技法)など作品多数。
個展(フランス、ベルギー、日本=湯布院駅、ABCギャラリーなど)、グループ展、公募展多数。
現在、武蔵野美術大学、橿原学院高校講師。2011年も数回個展開催を予定。奈良県在住。

目次

主要目次】 
第1章「絵画視点の変え方 手で考える」
「抽象画はむずかしくない」「街で拾った抽象画」
「風景を接写して見ると」「表現するということ」
「実景から生まれた抽象画」「抽象的に見える物」
「子供の感性に学ぼう」「子供と描いた初めての抽象画」「洞窟画」
技法Ⅰ「やっていけないことは何も無い」
「発見からより確かなものへ」「考察するために」「色」
技法Ⅱ「ダンボールで表現」「矢印」「絵の重心」
技法Ⅲ「一歩進めて」
第2章「形からの解放とこだわり方 手で考える」
「視点を変える」「日本人の抽象性」
「まる さんかく しかく」「手で考える」
「ポシャギ布をヒントに」「色面構成」
「ポール・クレーに影響を与えたアフリカ布」
「文字を絵にする」「布を使った表現」
「抽象から具象へ パレイドリア技法」
「空間意識が変わる」「自作を語る」「自作」
「用語解説」

関連書

ページの上部へ▲

タグ: