自然と人びとの和み写真で見る 天恵の郷-韓国順天

写真で見る 天恵の郷-韓国順天 自然と人びとの和み

姜 圭東 監修, 児玉 捷之 著, 金 容権 著
A5判 / 175ページ / 上製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1534-9 C0026
奥付の初版発行年月:2010年06月 / 書店発売日:2010年06月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

“古きよき韓国”が残され、「世界五大湿地」の一つの順天湾の干潟をはじめとする豊かな自然や古の史跡とともに、韓国人が持っている客人に対する温かさを色濃くとどめる順天。その魅力あふれる姿を220葉のカラー写真と簡潔な解説で活写する。

版元から一言

 近年、韓流の影響などで、順天まで足を延ばす人も増えてはいるものの、まだ日本人にとっては、知る人ぞ知る、なじみのない所だ。順天が韓国の南端にあって幹線の道路や鉄道がまだ直通しておらず、観光地として“地の利”がよくなかったことも影響したのだろう。
 しかし、だからこそ、そこには観光客向けに自らを変えることのなかった「古きよき韓国」が残され、美しく豊かな自然やいにしえの史跡とともに、人の「和み」、すなわち人びとがむつみあう安寧と調和がたたずんでいる。そして、韓国人が持っている客人に対する温かさを色濃くとどめている。さらに「食は全羅道にあり」としばしば言われるが、その真骨頂は順天にある。料理人はもとより、天の恵みの食材によるところが大きいからだ。
 また、「世界五大湿地」の一つに数えられる順天湾の干潟をはじめとする豊かな自然、それと調和した暮らしから、韓国の「生態首都」という異名もある最も注目されている都市の一つがこの順天だ。
 その魅力あふれる姿を、220葉のカラー写真と簡潔な解説で活写する。

目次

はじめに
 天恵の郷・順天
 世界五大湿地の一つ
 「エコ時代」に国際庭園博覧会開催
 韓国のラムサール湿地
順天の自然と環境
 順天湾沿岸湿地帯を歩く
 生命の宝庫・順天湾の絶景
 東川壁画
歴史と伝統―支石墓と楽安邑城と名刹
 支石墓
 楽安邑城
 楽安邑城保存会の挨拶
 韓国三大寺刹の一つ 松広寺、森林浴が楽しめる仙岩寺
 燕谷寺
 「壬辰征倭図」について
 秀吉の死に勢いづく朝鮮軍
 壬辰倭乱と「征倭図」
人びとの絆
 順天女性の力
 子供たちは私の恩人 
 未来の希望を育てる
 先生はマザーテレサみたい
 私をときめかせる子供たち
 順天と日本
 古きよき韓国が漂うドラマ撮影現場
 タルトンネ(月村)
美味しい順天
 韓国料理―医食同源の秘法
 第六の栄養素―食物繊維
 キムチとは何か
 韓国料理のシンボル
 キムチは韓国料理の主要材料でもある
 自然の恵みに溢れた順天農協「南道キムチ」
順天を巡って
 順天の周辺都市
 順天市内の主な宿泊施設
 韓国観光公社の観光案内サービス
あとがき

関連書

ページの上部へ▲