「トリックとしての国際貢献」をめぐって「日本の役割」の論じ方

「日本の役割」の論じ方 「トリックとしての国際貢献」をめぐって

丸楠 恭一 著
四六判 / 440ページ / 並製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1513-4 C0031
奥付の初版発行年月:2010年03月 / 書店発売日:2010年03月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

「日本の役割」論を知識人や実務家のナショナリズムの一形態と捉え、日本の文化ナショナリズムの有り様として解釈されている「文化論」との関連を意識しながら、湾岸戦争前後に生起した「日本の役割」論の転換を精緻に検証。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

丸楠 恭一(マルクス キョウイチ)

1958年生まれ。政治学者。目白大学社会学部・大学院国際交流研究科(日本研究・公共政策研究専攻)教授。米国非営利法人 Center for Professional Exchange(CEPEX)所長(東京代表)。東京大学教養学部卒業後、プリンストン大学公共・国際問題大学院を修了。三菱総合研究所からブリティッシュ・コロンビア大学、ジョンズ・ホプキンズ大学大学院客員研究員等を歴任の後、現職。
著書に『若者たちの〈政治革命〉組織からネットワークへ 中公新書ラクレ』(丸楠恭一 他著、中央公論新社、2004年)、『現代国際社会の視座 価値観の興亡 丸善ライブラリー』(丸楠恭一著、丸善、1991年)などがある。

関連書

タグ:国際関係

ページの上部へ▲

タグ: