アメリカ奴隷制下の自由黒人ゲーリー家の人々

ゲーリー家の人々 アメリカ奴隷制下の自由黒人

フランク・J・ウェブ 著, 進藤 鈴子 訳
四六判 / 420ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1509-7 C0097
奥付の初版発行年月:2010年01月 / 書店発売日:2010年01月20日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

今甦る! 『アンクル・トムの小屋』のストウ が「序文」を書いた「自由黒人」による先駆的作品。奴隷解放以前のアメリカで、アメリカ市民でもない黒人が、あらゆる差別や暴力と戦いながら自らのアイデンティティを確立していく。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

フランク・J・ウェブ(ウェブ,フランク・J.)

(Frank J. Webb, 1828?-1894?)
アメリカ合衆国フィラデルフィア出身の自由黒人。印刷関係か服飾関係の職人。一時、
ジャマイカ在住。1870年代にワシントン・D・Cの解放奴隷局で働き、短期間「ニュー
・エアラ誌」に所属する。
小説『ゲーリー家の人々』(1857年)。
短編「二匹のオオカミと子羊」「マーヴィン・ヘイリー」他。

進藤 鈴子(シンドウ スズコ)

名古屋経済大学短期大学部准教授
単著 『アメリカ大衆小説の誕生』(彩流社)
共著 『亀井俊介と読む古典アメリカ小説12 』(南雲堂)
   『語り明かすアメリカ古典文学12』(南雲堂)
   Ivy Never Sere(音羽書房鶴見書店)。

関連書

ページの上部へ▲