花岡事件「秋田裁判記録」

花岡事件「秋田裁判記録」

石飛 仁 監, 金子 博文 編
B5 / 534ページ / 上製
定価:19,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1505-9 C0036
奥付の初版発行年月:2010年08月 / 書店発売日:2010年08月25日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

花岡事件、幻の第一級資料。GHQによって抜き取られ、別に保管されていた部分も含めた秋田裁判全記録を解読、解析のうえ編集・再現。貴重文献にして必須研究書。関連年表を付す。

著者プロフィール

石飛 仁(イシトビ ジン)

大阪府生まれ。1965年、駒澤大学卒業後、劇団「青俳」演出部に入団。1967年、蜷川幸雄らと劇団「現代人劇場」を結成。新劇人反戦青年委員会代表を務める。1970年、退団後ルポライターになり、月刊「潮」を中心に戦争責任をめぐるルポを執筆。1971年、花岡事件の調査を開始。1972年、週刊「女性自身」の「シリーズ人間」班専属記者に。1984年、花岡事件被害者の代理人として企業交渉を開始。「事実の劇場 劇団不死鳥」を結成。2003年、フリーに。『中国人強制連行の記録―日本人は中国人に何をしたか』(三一書房、1997年) 『花岡事件』(現代書館、1996年) 『蘇れ古代出雲よ』(新泉社、2005年)ほか著書多数。

金子 博文(カネコ ヒロフミ)

1948年神奈川県生まれ。早大卒業後、5年間の会社勤務を経て、フリーライターに。『山と渓谷』記者として山岳環境問題を中心に執筆。92年以降、石飛仁氏とともに「花岡事件」の調査・記録を続ける。東京東アジア文化交流会会員。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: