「下山事件」謀略論の歴史

「下山事件」謀略論の歴史

佐藤 一 著
四六判 / 364ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1461-8 C0021
奥付の初版発行年月:2009年09月 / 書店発売日:2009年09月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

《事実》に基づいて過去を検討することが必要だ。そして、どうすべきかを考える以外に道はない。冤罪「松川事件元被告」の佐藤一氏による最後の書。
「下山事件」「松川事件」「島田事件」「狭山事件」に関する著作を残し、1976年、自殺説の集大成『下山事件全研究』(時事通信社、2009年8月インパクト出版より復刊)を出版。他殺の根拠とされた各種の物証に関して、地道な調査に基づいて反論を加えた。その後「下山事件」を扱った書物が出版され、諸永裕司『葬られた夏』(平成14)、森達也『下山事件』(平成16年)、柴田哲孝『下山事件 最後の証言』(平成17年)等が刊行。これら下山本平成三部作に共通するのは、殺害を行なった組織として矢板玄という人物がオルガナイザーをつとめた《矢板機関》の名を挙げている点だった。佐藤氏はこれらに自身の調査に基づいた事実から疑問を投げかけた。末尾に、「解題-本書についての若干の付記 松井隆志(戦後研究会)」を付す。2009年7月、「下山事件」は60周年を迎えた。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

佐藤 一(サトウ ハジメ)

佐藤一(さとう・はじめ)1921年栃木県日光市生まれ。松川事件元被告。著書に『被告』(平凡社)、『下山事件全研究』(時事通信社)、『松本清張の陰謀』(草思社)等がある。2009年6月17日心筋梗塞のため急逝。時事通信社刊行『下山事件全研究』が、2009年8月『下山事件全研究 新版』(佐藤一 著、インパクト出版会)として復刊。

関連書

ページの上部へ▲