葉蘭を窓辺に飾れ

葉蘭を窓辺に飾れ

ジョージ・オーウェル 著, 大石 健太郎 訳, 田口 昌志 訳
四六判 / 332ページ / 上製
定価:2,400円 + 税
ISBN978-4-7791-1430-4 C0097
奥付の初版発行年月:2009年04月 / 書店発売日:2009年04月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

『1984年』『動物農場』で舌鋒鋭く共産主義・全体主義の矛盾を語ってきたオーウェルが、書店員の経験を元に、窓辺に飾る鉢植えの「葉蘭」と「貧困」という現代的テーマで書いた、意外に知られていない自伝的作品の新訳!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ジョージ・オーウェル(オーウェル,ジョージ)

George Orwell【1903-1950】 邦訳書に、『オーウェル小説コレクション 4 葉蘭をそよがせよ』(高山誠太郎訳、晶文社、1984年)、『1984年 ハヤカワ文庫NV8 』(新庄哲夫訳、早川書房、1972年)、『カタロニア讃歌 ちくま学芸文庫』(橋口稔訳、筑摩書房、2002年)、『ビルマの日々 新装版』(大石健太郎訳、彩流社、1997年)、『気の向くままに』(オーウェル会訳、彩流社、1997年)、『ウィガン波止場への道 ちくま学芸文庫』(土屋宏之・上野勇 訳、筑摩書房、1996年)、『オーウェル評論集 1~4平凡社ライブラリ』(井上摩耶子他訳、川端康雄編、平凡社、1995年)、『空気をもとめて』(大石健太郎訳、彩流社、1995年)、『動物農場 角川文庫』(高畠文夫訳、角川書店、1995年)、『オーウェル小説コレクション 1 パリ・ロンドンどん底生活』(小林歳雄訳、晶文社、1984年)、『オーウェル小説コレクション 5 空気を求めて』(小林歳雄訳、晶文社、1984年)、『オーウェル小説コレクション 2 ビルマの日々』(宮本靖介・土井一宏訳、晶文社、1984年)、『オーウェル小説コレクション 3 牧師の娘』(三澤佳子訳、晶文社、1984年)ほかがある。

大石 健太郎(オオイシ ケンタロウ)

英文学者。デジタル・ハリウッド大学教授。著訳書多数。

田口 昌志(タグチ マサシ)

財団法人理事、会社役員。訳書『ジョージ・オーウェルの世界』(共訳、音羽書房鶴見書店)。

関連書

ページの上部へ▲