残像の人情時代写真で歩く浅草の昭和

写真で歩く浅草の昭和 残像の人情時代

中田 和昭 写真, 岡井 耀毅 編集・構成
A5判 / 135ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1426-7 C0072
奥付の初版発行年月:2009年02月 / 書店発売日:2009年02月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

少し怪しげで猥雑な雰囲気と独特な人情…。その“残り香”を淡々と低い目線で、さり気なく、にじみ撮りとでもいえるような優しいふれ合い写真集。収録148点。浅草寺/浅草六区/三社祭/商店主/芸者衆/旅芸人/露天商…。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

中田 和昭(ナカダ カズアキ)

1931年 東京生まれ
1991年3月まで時事通信社写真部に勤務
日本写真協会会員JCIIフォトクリニック講師 八王子写真塾塾長
主な受賞
1969年 カメラ毎日年度賞
1971年 アサヒカメラ年度賞
1972年 アサヒカメラ年度賞
1974年 アサヒカメラ年度賞
1975年 アサヒカメラ年度賞
その他受賞多数
東京都'・パリ姉妹都市提携記念写真展に作品1点が選抜され横浜ギャラリーの永久収蔵作品となる
写真展・個展
1978年「阿姿」ミノルタフォトスベース新宿
1982年「東京人間模様」ニコンサロン新宿
1985年「ある日の風貌」ミノルタフォトスベース新宿
1994年『海を渡ると一人間模様」ミノルタフォトスベース新宿
2000年「ポルトガル見聞録」ミノルタフォトスペース新宿
2006年『遥かなる佃」JCIIフォトサロン
2008年「工部川崎とこども達」アートガーデンかわさき

岡井 耀毅(オカイ テルオ)

元『アサヒカメラ』編集長。著書等に『なぜ撮るか—現代写真家の宿命的モチーフ』(山と溪谷社、1986)、『映像にみる昭和—社会写評 くもん選書』(くもん出版、1989)、『写真へのメッセージ』(山と渓谷社、1993)、『瞬間伝説—すげえ写真家がやって来た』(KKベストセラーズ、1994)、『母の初恋 』(清水弘文堂書房、1995)、『戦後50年横浜再現—二人で写した敗戦ストーリー』奥村 泰宏・常盤 とよ子・岡井 耀毅 共著、平凡社、1996)、『瞬間伝説—歴史を刻んだ写真家たち (文庫) 』(朝日新聞社、1998)、『評伝 林忠彦—時代の風景』(朝日新聞社、2000)、『写真連想小説 ラクチョウの記憶』(海拓舎、2001) 、『土門拳の格闘』(成甲書房、2005)、『肉声の昭和写真家―12人の巨匠が語る作品と時代 平凡社新書』(平凡社、2008)、『昭和写真劇場』(成甲書房、2008)などがある。

目次

●浅草寺  ●仲見世   ●神谷バー
●花やしき ●はとバス  ●浅草六区
●三社祭  ●ほおずき市 ●酉の市 
●羽子板市 ●職人    ●商店主 
●芸者衆  ●旅芸人   ●露天商 
●易占い  ●傷痍軍人  ●ラオ屋  ●見せ物小屋の蛇女    ●猿回し 
●飴細工  ●サンバカーニバル

関連書

タグ:写真集

ページの上部へ▲

タグ: ,