愛と哀しみのバラードシャンソンのメロドラマ

シリーズ〈シャンソンを読む〉 4
シャンソンのメロドラマ 愛と哀しみのバラード

三木原 浩史 著
A5判 / 288ページ / 並製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1399-4 C0098
奥付の初版発行年月:2008年11月 / 書店発売日:2008年11月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

引き裂かれた恋。みずから織り成す「メロドラマ」=“三分間の人生”の主役たち。映画「カサブランカ」に挿入された歌など……。出会い・ゆらめき・別れ、ほろにがいは男女の仲、恋のかけひき。軽やかな知的興奮を求めて! フランス文化の解読へ。

著者プロフィール

三木原 浩史(ミキハラ ヒロシ)

1947年 神戸市に生まれる。
1971年 京都大学文学部フランス語学フランス文学科卒業。
1977年 京都大学大学院文学研究科博士課程中退。
現 在 神戸大学大学院国際文化学研究科教授。
専 攻 フランス文学、フランス文化論。
著 書 『シャンソンはそよ風のように』〔彩流社,1996年〕
    『フランス学を学ぶ人のために』(共著)〔世界思想社,1998年〕
    『パリ旅物語』〔彩流社,2002年〕
    『シャンソンの四季』〔彩流社,2005年改訂増補版〕
    『シャンソンのエチュード』〔彩流社,2005年〕
    『シャンソンのメロドラマ』〔彩流社,2008年〕
論 文 「ジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』」「エドゥアール・ラロのオペラ『イスの王様』」シネマ「カスク・ドール」試論「ロマン・ロランの『ピエールとリュス』をめぐって』」他多数。
訳 書 ロマン・ロラン『ニオベ』(個人訳)、『演劇について』(共訳)〔みすず書房『ロマン・ロラン全集』第13巻、第19巻所収〕。

目次

第一部 男と女のマズルカ
 1 『ひとりの少女』をめぐる身分違いの恋のメロドラマ――春を迎えたばかりの少女が
 2 『ひとりの男が待っていた』をめぐるすれ違いの恋のメロドラマ――デュボネのグラスをまえにして
 3 『アコーデオン弾き』をめぐる引き裂かれた恋のメロドラマ――止めて! 止めて、音楽を!
第二部 生と死のロンド
 1 『モンマルトルの丘の哀歌』をめぐって――月光のハーモニー《サン・ヴァンサン通りを登ったところで》
 2 『嘆願書、セートの浜辺に埋葬されたし』をめぐって――反転のハーモニー《終着駅はセート駅だ》
第三部 男と女のポロネーズ――シネマのなかの歌――
 1 『カサブランカ』の身勝手な恋のメロドラマ――『聞かせてよ、愛のことばを』/『時が経っても』/『ラインを守れ』/国歌『ラ・マルセイエーズ』
 2 『夏物語』の優柔不断な恋のメロドラマ――シネマ主題歌『海賊の娘』/シャンソン『ヴァルパライソ』
付録 シャンソン『ラ・ボエーム』/『ムーラン・ルージュ』/『娼婦達の哀歌』など歌詞対訳13曲

関連書

ページの上部へ▲