全作品ガイドアイリス・マードックを読む

アイリス・マードックを読む 全作品ガイド

日本アイリス・マードック学会 編
A5判 / 258ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1389-5 C0098
奥付の初版発行年月:2008年12月 / 書店発売日:2008年12月18日
2500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

愛した、書いた、思索した——〈小説を書く哲学者〉の愛に満ちた作品世界。
人と人が理解しあうことの大切さを説き、人間の真の価値とはなにか、ほんとうの愛とはなにかというテーマを追究しつづけたイギリスの作家アイリス・マードック。
翻訳されていない作品も含め、長編全作品(26作)、戯曲、詩を解説・紹介。
難解に思われがちな哲学思想だけではない、プロットの多彩さと豊かなキャラクター造形、華麗な愛に満ちた作品世界を浮かび上がらせるガイドブック。
主な登場人物リスト・詳細な年譜付。

版元から一言

■日本アイリス・マードック学会創設10周年記念出版

■(社)日本図書館協会 選定図書

■アイリス・マードック(1919-99)
アイルランドのダブリンに生まれ、1 歳でイギリスに渡る。『ブラック・プリンス』(1973)でジェイムズ・テイト・ブラック・メモリアル賞、『神聖で俗な愛の機械』(74)でウィットブレッド・メモリアル賞、『海よ、海』(78)でブッカー賞を受賞。
26作の長編小説はいずれもベストセラーとなり、世界各国で翻訳された。その功績により大英帝国勲功賞 (OBE)を授与される。

目次

アイリス・マードックの人と思想

【長編】
  『網のなか』(1954)/『魅惑者から逃れて』(1956)
  『砂の城』(1957)/『鐘』(1958)
  『切られた首』(1961)/『野ばら』(1962)
  『ユニコーン』(1963)/『イタリアの女』(1964)
  『赤と緑』(1965)/『天使たちの時』(1966)
  『良きひとと善きひと』(1968)/『ブルーノの夢』(1969)
  『かなり名誉ある敗北』(1970)/『ついてない男』(1971)
  『ブラック・プリンス』(1973)/『神聖で俗な愛の機械』(1974)
  『言葉の子』(1975)/『ヘンリーとケイトー』(1976)
  『海よ、海』(1978)/『尼僧たちと兵士たち』(1980)
  『哲学者の教え子』(1983)/『善き弟子』(1985)
  『本と仲間たち』(1987)/『地球へのメッセージ』(1989)
  『緑の騎士』(1993)/『ジャクソンのジレンマ』(1995)
【短編】
  『何か特別なもの』(1957)
【戯曲】
  『切られた首』(1964)/『イタリアの女』(1968)
  『召使たちと雪』(1973)/『三本の矢』(1973)
  『アカストス』(1986)/『ブラック・プリンス』(1989)
  『ジョアナ・ジョアナ』(1994)/『たった独り』(1995)
【詩】
  『四季の鳥』(1978)/『アイリス・マードック詩集』(1997)

年譜/文献案内

関連書

ページの上部へ▲