銘醸地ブルゴーニュ誕生秘話カッパドキア・ワイン

カッパドキア・ワイン 銘醸地ブルゴーニュ誕生秘話

薗田 嘉寛 著
四六判 / 288ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1330-7 C0022
奥付の初版発行年月:2008年03月 / 書店発売日:2008年03月04日
2000円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

極上のワイン《山上の垂訓》を求めて! フランス・ブルゴーニュから、隠れキリシタンが密かにワインを醸造する、トルコ・カッパドキア「月の谷間」へ——。十字軍時代のひと味ちがった聖杯探求物語。トルコ観光も味わえる逸品。第18回「日本ファンタジーノベル大賞」(2006年)最終候補作品。

十字軍遠征には隠された目的があった! 城主の父の命を受け、極上のワインを生み出す葡萄株持ち帰るべく、ブルゴーニュの若き騎士、ロマネとその一行は第四次十字軍(一二〇二〜)に帯同する。行く手に待ち受ける困難を乗り越え、彼らは、株を入手できるのか……。ワイン好き、歴史好きも納得の深いウンチクに、冒険譚を織り混ぜ、たしかな取材と描写力で、とくにトルコ好きにはたまらない痛快歴史ファンタジー。あなたもトルコに行きたくなる! そしてワインが飲みたくなる!。

版元から一言

第18回「日本ファンタジーノベル大賞」(2006年)最終候補作品。最終選考まで残るも惜しくも大賞を逃した作品に磨きをかけ、出版にいたる。選考委員評:椎名誠氏「……いつのまにかこの作者の『お話づくり』の手の内に難なくのせられてしまったという気分。それは小説づくりのうまさだと思うし読むここちよさでもある……」鈴木光司氏「……全編を通してワインへの愛があふれ、読み終わるやおいしい赤ワインが飲みたくなってしまった」小谷真理氏「……ワイン好きによるワイン好きのためのワイン大好きファンタジー」

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

薗田 嘉寛(ソノダ ヨシヒロ)

1960年生まれのジャーナリスト。ココ・ワイナリーにほど近い群馬県桐生市出身。学生時代に遊学先のイスラエルで聖地エルサレムやベツレヘムのワインに触れ、その後、自転車で巡ったヨーロッパでワインに開眼。本書は夕食時に小学生の息子に話した聖母マリアの葡萄を巡る十字軍騎士の物語を冒険小説に編み上げたもの。

目次

   第一章   ロマネの帰郷
   第二章   月の谷間
   第三章   聖なる葡萄
   第四章   古酒コレクション
   第五章   エルミタージュの老騎士
   第六章   新酒試飲会
   第七章   一夜限りのコート・ド・プロヴァンス
   第八章   鷹の巣村の監視隊長
   第九章   極秘情報
   第十章   霧の迷宮都市
   第十一章  聖夜の贈り物
   第十二章  貿易商ココ
   第十三章  開都祭
   第十四章  星月夜のパムッカレ温泉
   第十五章  スルタン・ラトゥルク三世
   第十六章  メヴラーナの教え
   第十七章  サンタリタ要塞
   第十八章  歌姫レツィーナ
   第十九章  山頂の人影
   第二十章  悪魔の酒蔵   
   第二十一章 襲撃
   第二十二章 密約
   エピローグ 

関連書

ページの上部へ▲