宝塚・シャンソンに生きる深緑夏代

深緑夏代 宝塚・シャンソンに生きる

下瀬 直子 著
四六判 / 212ページ / 並製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-7791-1304-8 C0073
奥付の初版発行年月:2007年11月 / 書店発売日:2007年11月28日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

日本で最初に「枯葉」を歌った宝塚出身のシャンソン歌手の人生。越路吹雪とコンビを組み宝塚のシャンソン・レビューの道を切り開いた伝説の人。「私が心を込めてシャンソンをうたえるのは、先生のおかげです。」(鳳蘭)

著者プロフィール

下瀬 直子(シモセ ナオコ)

大阪府立桜塚高等学校卒業後、武庫川女子大学文学部国文学科へ。同大学卒業後、宝塚歌劇団編集部に採用され『歌劇』誌の編集を担当。結婚退職後、新聞・雑誌のフリーライターとなる(「ぴあ」「神戸新聞」「神奈川新聞」「ケイコとマナブ」「アサヒファミリーニュース」などに執筆)。今までに『宝塚 ベルばらの時代』(彩流社、2005)『すみれの花の咲いていたころ』(燃焼社、2001)『宝塚ワンダーランド』(青弓社、1995)『宝塚 永遠のトップスター』(立風書房、1994)『タカラヅカ 愛讃々』(神戸新聞総合出版センター、1992)『サヨウナラ宝塚』(中日出版社、1987)ほか七冊の本を出版。

関連書

ページの上部へ▲