写真集下町や東京昭和遠ざかる

写真集下町や東京昭和遠ざかる

村岡 秀男 写真, 岡井 耀毅 編
A5判 / 160ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1282-9 C0072
奥付の初版発行年月:2007年07月 / 書店発売日:2007年07月26日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

下町が次々に更地になり、「昭和」との決別を告げた街景を、かつて昭和56年から消えていく下町情緒を撮りつづけた著者が、その撮影地点をさがし出し、「定点撮影」という方法で、その変貌を刻印。郷愁を誘う傑作写真集。

版元から一言

モノクロ・ダブルトーン 308点
写真 村岡秀男(むらおか ひでお)
編集・構成・岡井耀毅(おかい てるお)

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

村岡 秀男(ムラオカ ヒデオ)

1935年、東京生まれ。元アサヒカメラの編集者。日本写真協会会員。日本写真作家協会会員。
個 展
1976年 「ヨコハマ」新宿ニコンサロン 
1981年 「肖像記」東京ミノルタフォトスペース 
1983年 「ヨーロッパの香り」銀座フジフォトサロン 
1987年 「入ってみたロシア」東京,大阪ミノルタフォトスペース 
1992年 「東京図鑑」銀座ニコンサロン 
1994年 「懐かしい街─英国紀行」東京,大阪ペンタックスフォーラム 
1997年 「横浜グラフィティ」横浜そごうシビルギャラリー 
1999年 「田園の魅力」東京ミノルタフォトスペース 
2001年 「横浜カーニバル」東京ペンタックスフォーラム 
2002年 「横濱図絵」横浜山手234番館 
2003年 「東京. 昭和」銀座ニコンサロン 
2004年 「街角の時間」銀座キャノンサロン 
2006年 「ふるさとの記憶─川崎」新宿コニカミノルタプラザ 
2007年 「懐かしい街Ⅱ─英国紀行」東京ペンタックスフォーラム 

出 版
『下町残照—Tokyo downtown blues 』朝日新聞社(1988)
『かんたんPhotoshopで作品づくり—フィルムからのデジタルプリント』日本カメラ社 (2001)『かんたんPhotoshopで作品づくり—フィルムからのデジタルプリント (大型本) 』日本カメラ社 (2005)
『Photoshopでらくらく作品づくり—フィルム&データからのデジタルプリント』日本カメラ社 (2006)

岡井 耀毅(オカイ テルオ)

元『アサヒカメラ』編集長。著書等に『なぜ撮るか—現代写真家の宿命的モチーフ』(山と溪谷社、1986)『映像にみる昭和—社会写評』(くもん出版、1989)『写真へのメッセージ』(山と渓谷社、1993)『瞬間伝説—すげえ写真家がやって来た』(KKベストセラーズ、1994)『母の初恋 』(清水弘文堂書房、1995)『戦後50年横浜再現—二人で写した敗戦ストーリー』奥村 泰宏・常盤 とよ子・岡井 耀毅 共著、平凡社、1996)『瞬間伝説—歴史を刻んだ写真家たち (文庫) 』(朝日新聞社、1998)『評伝 林忠彦—時代の風景』(朝日新聞社、2000)『写真連想小説 ラクチョウの記憶』(海拓舎、2001) などがある。

関連書

タグ:写真集

ページの上部へ▲

タグ: