ルーシー事件 闇を食う人びと

ルーシー事件 闇を食う人びと

松垣 透 著
四六判 / 265ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-7791-1262-1 C0036
奥付の初版発行年月:2007年04月 / 書店発売日:2007年04月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

2000年7月に起こったルーシー・ブラックマン事件は、事件の猟奇性とともに、その周辺に蠢く闇の世界を浮上させたという意味でも特異な事件であった。公判を傍聴し続けた新聞記者が、法廷での全てを描くノンフィクション!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

松垣 透(マツガキ トオル)

昭和33年、大分県中津市生まれ。新聞記者。現在、産経新聞社夕刊フジ報道部勤務。著書に『時効40日前の逮捕—殺人犯の逃亡の記録』(リム出版新社、1994)、『バンクを駆ける青春—日本競輪学校79期生の群像』(彩流社、1998)、『世紀末事件ファイル23—時代を歩く』(彩流社、1999)、『競輪に賭ける!—バンクの演出家たち』(彩流社、2000)、『競輪選手への道—若き練習生の戦い』(彩流社、2003)、『予想屋—競輪に賭ける勝負師』(リム出版新社、2004)、『破門—ただ今、落語家修業中』(リム出版新社、2005)などがある。

関連書

ページの上部へ▲